緊急事態だから許して…人の目なんてどうでもいいと思った3つの瞬間

人間は、必要以上に周囲の目を気にするものです。できることなら、他人を気にせず生きたいものですが…

外で号泣
(AH86/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

②花粉症で鼻水ダラダラ

「毎年、花粉症に悩まされています。目がかゆくて、鼻水が滝のように流れてくるのがつらくて…。

 

外出先ではマスクをしているのですが、その中でどんどんと鼻水がたまってきて…。そんなときにはたとえ人がたくさんいる場所でも、マスクを取って鼻をかみます。

 

人の目を気にする余裕なんて、花粉症の時期にはありませんね」(20代・女性)

 

③人通りの多い場所でコケて…

「人がたくさん行き交う歩道で、勢いよくこけてしまったんです。膝は擦りむいて血が出ていましたが、平然を装ってその場を立ち去りました。

 

周囲の人の目が気にならないというよりも、見ないようにして逃げた感じですね。それなら、やっぱり気にしてたことになるのかな…」(20代・女性)

 

たまには自分の好きなように、振る舞ってみたいものですね。

・合わせて読みたい→同意が楽でもやってはいけない…批判意見を受け入れた人の最悪な末路

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!