我慢して食べなよ…好き嫌い多い男子のドン引き外食エピソード

嫌いな食べ物がある人は、食事のときに苦労します。しかしその周囲にいる人が、迷惑を被っていることも。

偏食
(daniaphoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

食べ物の好き嫌いが多い人は、外食でなにかと苦労します。「残す」という選択肢もありますが、周囲の目も気になるところです。


■20代は嫌いな食べ物を少量でも食べたくない

fumumu編集部では全国20〜60代の嫌いな食べ物がある男女1,200名を対象に、嫌いな食べ物が少しでも入っている料理は食べたくないか、調査を実施しました。

嫌いな食べ物が少しでも入っている料理は食べたくないグラフ

「食べたくない」と答えた人は、全体で36.4%でした。

性別・年代別では、男女ともに20代が一番多くなっています。

嫌いな食べ物が少しでも入っている料理は食べたくない性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、男性が嫌いな食べ物にした最悪な行動について聞きました。


関連記事:恋人を選ぶ際に「スペック」よりも見るべき3つのポイント

①オーダーのときに好き嫌いを主張する

「会社の飲み会があったのですが、男性の先輩がものすごい偏食でした。好き嫌いがあるのは仕方ないのですが、オーダーするものを決めるときにダメ出ししてくるのがうっとうしくて…。


『エビチリ頼もうかな?』って言うと、『俺、エビ嫌い』と主張してきます。『あなたは嫌いでも、私は好きなんですが!』と言ってやりたかったですよ。


しかも好き嫌いが多いから、ほとんどがダメなレベル。実際に注文されたものは、肉料理ばかりでした」(20代・女性)


次ページ ②酢豚の豚だけ食べる

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!