女子大生も胸アツ! 映画『ボヘミアン・ラプソディ』をより楽しむポイント

話題の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』を3回観賞した女子大生記者は、「映画館で1度観るだけではもったいない」と話します。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
(© 2018 Twentieth Century Fox)

2018年11月9日に劇場公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』。日本での興行収入は100億円を突破し、アカデミー賞には5部門でノミネート。公開されて3ヶ月以上経っているにも関わらず、今もなお大ヒット公開中です。

もうすでに観に行った人も多いのではないでしょうか。しかし、この映画を3回観に行ったfumumu編集部記者は、「映画館で1度観るだけではもったいない! 観賞方法を変えれば何回でも映画館で楽しめる」と確信しています。

 

■ストーリーは

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
(© 2018 Twentieth Century Fox)

1970年代にデビューした伝説の4人組バンド『クイーン』。ボーカル「フレディ・マーキュリー」の華やかな成功と苦悩の半生が描かれています。日本でも数々のCMで曲が使われています。1番有名なのは『We will rock you』でしょう。誰もが聴いたことがある曲ですよね。

実際に映画内のライブシーンで使用される曲の音源は、今は亡きフレディの声を使用。さらに、音楽総指揮をメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが担当しています。

物語着想から8年かけて制作されたこの映画。完成度はとてつもなく高く、キャストも「本人たちにそっくり!」と話題になっています。

 

■まずは通常上映で

映画館では、やはり50代以上のクイーン世代の姿を見かけます。20代の中には「そんな昔のバンドのことなんか知らないので…」と観るのを躊躇している人もいるのではないでしょうか。

しかし、曲や彼らのことをよく知らなくても充分に楽しむことができます。拍手や手拍子、発声がOKな応援上映回もありますが、まずは通常上映を純粋に楽しみます。

 

■クイーンの知識を詰め込む

映画を観ると映画内で使用された楽曲がとっても気になりました。歌詞を読んでみると映画を観る視点がガラッと変わりました。クイーンは歌詞の意味をリスナーにゆだねると語っています。曲を知ることで映画の物語に深みが増しますね。

さらに、当時のライブ映像を観るのもオススメ。映画のラスト、ライブ・エイドのシーンは、当時を完コピしています。演奏するピアノの上に置いてある飲み物や、フレディのフリまで全て忠実に再現されています。再現レベルの高さには圧倒されます。

また、映画制作の裏話やキャストたちのSNSを見るのもオススメ。キャストたちの仲の良さが伝わってきます。

 

■応援上映に行ってみる

曲の知識を詰め込んだ2回目からは、応援上映がお勧め。まるでライブ会場にいるように観賞することができます。歌詞も映画の画面に映るので、覚えた曲を歌いたくなるはず。

記者は宮崎と東京・日比谷の応援上映に行きました。宮崎では、歌っている人がいなかったので、せっかく持っていたサイリウムも使わずじまいでした…。しかし、盛り上がった回もあったとのこと。どうやら、fumumu記者が見た回がたまたま盛り上がりきれない回だったようです。

一方で、東京ではスペシャル応援上映に参加し、ライブ・エイドのシーンはスタンディングして楽しむ特別バージョンでした。コスプレをした人が多くて、うちわを制作している人まで…。

隣に座っていた13回も観賞している女性に話を聞くと、応援上映の盛り上がりは、その回によって差があるようです。

 

現在もなお全国300館以上で公開中。話題の映画はチェックして損ナシ、応援上映自体に行ってみたい人にもお勧めの映画です!

『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒット上映中
配給:20世紀フォックス映画

・合わせて読みたい→新宿の夜景をバックに…屋外巨大スクリーンで映画観賞イベント開催

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!