彼氏の名前が聞いてたのと違う…今まで出会ったサイテーな男たち

細かな言動から、笑えないもの、驚いたものなど、今まで出会ったサイテー男のエピソードを聞いてみました。

カップル
(DAJ/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人の性格は十人十色。素敵な男性もいれば、サイテーな男性もいます。

そこでfumumu取材班は、女性陣に今まで出会ったサイテーな男の話を聞いてみました。残念ながら、世の中にはこんな男性もいるそうですよ。


■割り勘後に彼だけこっそり領収書

「合コンで出会ってひたすらアプローチしてきた男性と二人で焼肉に行ったのだが、当初彼が奢ると言っていたのに会計時に割り勘にされた…。正直、食べた量は7:3で断然彼の方が多いのに割り勘なのが腑に落ちない。


ついでに、彼が店員さんにこっそり『領収書ください』と言っているのが聞こえてしまい、二度と会うものか! と腹が立って彼を置いて一人でスタスタ駅まで歩いた」(20代・女性)


関連記事:指原莉乃、エッチ後の男子の身勝手な行動に「一番イヤ」と拒絶

■すべてが嘘だった…

「マッチングアプリで出会った男性と交際を始めたのだが、交際1ヶ月の頃に共通の友達のSNSにあがっている集合写真の中に彼を発見…。ただタグ付けされている中に彼の名前がない。


タグ付けされている人を、ひとりひとり見ていったら彼のアカウントを見つけたのだが、名前が教えられているのと違った。ついでに過去の投稿を見ていったら彼が独身ではなく、既婚であることが判明。全てが嘘だった…」(30代・女性)


■プロポーズと同時に整形と刺青を勧められ

「6年付き合った彼にプロポーズをされたのだが、プロポーズと同時に『俺が金出してやるから全身整形しろよ』と言われた。目を大きくして、鼻を高くして、体の無駄な脂肪を胸に入れて。


一番ゾッとしたのが、『整形させて他の男と寝られるのはムカつくから、アソコの毛剃って、足の付け根らへんに俺の名前彫って』と…。さすがに怖くなってプロポーズは断った。6年付き合ったが、こんな人だとは思わなかった。最後の最後で彼の本性を知った…」(20代・女性)


どういう環境や教育を受けて育ったのかわかりませんが…世の中ここまでサイテーな男性もいるよう。女性的には遭遇したくないものですね。

・合わせて読みたい→指原莉乃、男性ホストが語る「女性とケンカしたときの必勝法」に爆笑

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!