インフルエンザ発症後に職場で言われて傷ついた一言

インフルエンザになりたくてなる人なんて、いないでしょう。でも、発症したことがない人に、このツラさはわからないのかもしれません。

マスク
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2月に入ってもなお、まだまだインフルエンザが猛威を振るっています。発症してしまったとき、ちゃんと予防していたのに…と、自己嫌悪に陥ってしまう人は多いでしょう。

しかし、インフルエンザが原因で仕事を休む場合、思わぬ一言で傷つき、さらに落ち込んでしまうことも…。

fumumu取材班が、経験者達に詳しい話を聞きました。

 

①自己管理が甘い

「インフルエンザを発症してしまったことを、上司に電話で報告したときのことです。『油断してたんじゃないの? 自己管理が甘いね』と言われ、ショックを受けました。

 

会社勤めをしている以上、自分が休むことで周りに迷惑がかかることは百も承知です。だから、うがいや手洗いはもちろん、予防接種を受けるなど、できる範囲の予防はしていました。それなのに…こんな風に言われるのは、心外です」(20代・女性)

 

長期間のお休みが必要なのは、それほどインフルエンザは危険な感染症だということです。気合いだけではどうにもならないことを分かって欲しいですよね。

 

②うつさないで~

「病院では、『発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまでがお休みの目安』と言われました。5日経って元気になったものの、念のためマスクをして出社すると、『うつさないで~』と私をバイ菌扱いする同僚たち。

 

冗談半分だとは思いますが、あまりいい気持ちはしませんでした」(20代・女性)

 

うつりたくない…という気持ちも分かりますが、大人として、節度ある振る舞いを心掛けて欲しいものですよね。

 

③代わりはいくらでもいるから大丈夫

「もしかしたら、私を安心して休ませるためだったのかもしれません。

 

でも、『代わりはいくらでもいるから大丈夫』と言われて、いい気はしません」(20代・女性)

 

それが事実だったとしても、直接本人に伝える必要はないですよね。

 

一言言いたくなる相手の気持ちもわからなくありません。しかし、インフルエンザで弱っている時ほど、何気ない言葉が気になるものです。

同じような振る舞いをしないように、気をつけたいものですね。

・合わせて読みたい→結婚の決め手は? 「彼女を妻にしよう」と思った3人の意外なキッカケ

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!