私の前でカッコつけたかったの? 彼氏がついた「くだらなすぎる3つの嘘」

自分をよく見せたいため、小さな嘘をついてしまう人がいます。彼女によく見られたいため、嘘をつく男性もいるようです。

カップル
(deeepblue/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

②初めて行くバーを「行きつけ」と言われ…

「ちょっとおしゃれなバーに、彼が連れて行ってくれました。『俺はよく来てるんだ』と言っていたのに、店に入る前から挙動不審になっています。


マスターも常連が来たって反応ではなく、彼の額には汗がびっしり。お酒のオーダーさえどうしていいかわからない感じで、マスターがいろいろと気を遣ってくれました。


バー自体が初めてなら、常連なんて嘘はすぐバレるのに…」(20代・女性)


関連記事:身長をたっだ数センチごまかして…男性から垣間見えた小さなプライド

③高校時代モテたと言われたけれど…

「彼氏の家に高校の卒業アルバムがあったので、『見せて』と言ったら思いっきり拒否されました。『なんで、整形してるの?』と言ったら、『それは、ないけど…』と言ってきて…。


渋々見せてくれたアルバムには、今の彼からは想像できないおとなしくてまじめな姿がありました。


『高校のとき、めっちゃモテた』とか言っていたけれど、絶対に嘘。典型的な、大学デビューですね」(20代・女性)


かっこよく見られたくて、ちょっとした嘘をついてしまったのでしょうね。

・合わせて読みたい→隠しておけばよかったのに…嘘がつけずに彼氏と気まずくなった体験談

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事