北川景子主演『家売るオンナの逆襲』LGBTの解説に大きな反響

LGBTをテーマに展開した『家売るオンナの逆襲』。北川景子さん演じるヒロイン・三軒家万智の言葉に、反響が寄せられています

北川景子、イモトアヤコ
(画像はInstagramのスクリーンショット)

人気ドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)。LGBTをテーマに展開し、北川景子さん演じるヒロイン・三軒家万智がLGBTについて解説した内容に、反響が寄せられています。


■3話のテーマは「LGBT」

報道で取り上げるテーマを反映させることも多い同ドラマ。23日に放送された第3話では、レズビアンやトランスジェンダーの人たちが家を探しにくる展開。「LGBT」について理解していない社員に、万智の上司であり夫・屋代を演じる仲村トオルさんがホワイトボードを使いながら教えていきます。

L=レズビアン(女性の同性愛者)

G=ゲイ(男性の同性愛者)

B=バイ(同性、異性に魅力を感じる両性愛者)

T=トランスジェンダー


と解説。これに「トランスジェンダーってなんすか」の質問には、「つまり性的マイノリティの総称だな」と答えられずにまとめていると…「生まれたときに割り当てられた性とは違う性を生きる人、または生きたい人を言います!」と神出鬼没な万智が登場!


関連記事:ゲイセクシャルは同棲が大変? 苦労したエピソードを聞いてみた

■「同じ命であることを、今その胸に刻みなさい!」

トランスジェンダーについて、「生まれたときの身体的特徴などにより、判別された性が男性で、男子として育てられたとしても、心の中で自分は女性だと思っている。そういうふうに性別に違和感を持つ人を総称して、トランスジェンダーと言います」と説明。

また「誰のことを好きになるか」という性的嗜好がマイノリティな男性がゲイであり、自分自身をどう認識するかの「性自認」がマイノリティなのが、トランスジェンダーであることを教え、「従って、トランスジェンダーの中にもゲイはいます」「トランスジェンダーの中には、自分の性別が男性か女性か分からない人、曖昧な人、決めたくない人などいます」と解説。

最後は「みなさんが理解できにくかったとしても、この世に生まれ出た者の命は同じ重さです。LGBTの人々の命も、そうでない人々の命も同じ命であることを、今その胸に刻みなさい! 刻め!」と万智節が炸裂しました。


■「歴史は変わる」「大切なことを話題に」

ドラマでは、内見に訪れたレズビアンのふたりがキスをするシーンがありました。これには、「描き方が露骨」「LGBTが分別がないみたいじゃん」「私はLGBTだけど、ドラマに出てきた女性はただの非常識な人」とLGBTの演出には批判的な意見も寄せられています。

一方、社会問題になっていることを取り入れ切り込んでいく内容に「泣けた」「凄い」などの声も多数見られます。

来週は「団塊VSゆとり世代の家探し」! 三軒家の愛に溢れた怒号が楽しみですね。

・合わせて読みたい→セクマイを理解しているつもりで…悪気なく傷つけてしまう言葉

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!