ファミチキがスイーツに生まれ変わる!? 『ファミチョコ』登場

ファミリーマートは2019年のバレンタイン限定商品として、『ファミチョコ』『お母さんチョコどう?』などを30日から全国の店舗で販売します。

ファミチョコ

ファミリーマートは2019年のバレンタイン限定商品として、『ファミチョコ』(4個入り228円・税込み)などの最大24種類の商品を30日から全国の店舗で販売します。

fumumu取材班は24日に開催された新商品試食会に参加してきました! 中でもひときわ目立つファミチキ風パッケージのチョコ。どんな商品なのでしょうか?


画像をもっと見る

■ファミチキがスイーツに?

ファミリーマートでは、2019年のバレンタインを日頃の感謝を伝えるチョコ「ありがとうショコラ」をテーマにした商品を揃えるそうです。通常のギフトだけでなく、「友チョコ」やご褒美用の「自分チョコ」としてのラインナップを広げています。

『ファミチョコ』は、ファミマの人気商品「ファミチキ」とコラボしたチョコレート。パッケージもほぼそのままですが、(※ファミチキではありません。)と注意書き。

ファミチョコ

裏側もファミチキ風に食べ方が書いてありました。袋のまま電子レンジはNG。熱を加えた場合「召し上がってもさしつかえありませんが、風味は劣ります」とのこと。

ファミチョコ

中には長さ5cmくらいのパッケージに入ったかわいいサイズ。ファミチキよりもかなり小さいです。

ファミチョコ

中身はチキン色のキャラメルクランチ入りチョコレートです。サクサクしたパフとキャラメルの香ばしさとが合わさって後引く美味しさ。


関連記事:柿の種×ファミチキ!? ザクザク食感がたまらない新商品が登場

■食堂じゃなくて『お母さんチョコどう?』

お母さんチョコどう?

ほかにもユニークな商品がありました。ファミマの人気惣菜シリーズ「お母さん食堂」とコラボした『お母さんチョコどう?』(8個入228円・税込み)。

ナッツペーストをクラッシュしたローストアーモンドを加えたイタリアのお菓子「ジャンドゥーヤ」が一口サイズで入っています。

お母さんチョコどう?

1個ずつ包装されていました。配るのにもちょうど良いかも。

お母さんチョコどう?

こちらもザクザク食感で甘めのチョコがおいしいです。自分用にカバンに入れてちょい食べしたいときにもいいサイズです。

ケンズカフェ東京トリュフアソート
(ケンズカフェ東京 トリュフアソート)

もちろん、従来のギフト用には、ガトーショコラで有名な「ケンズカフェ東京」監修の『トリュフアソート』(600円・税込み)などの本格派も取り揃えられています。

この時期だけのチョコはコンビニにもバリエーションがたくさん。迷ってしまいそうですね。

・合わせて読みたい→夢が叶った!? 重量1.5倍『ビッグファミチキ』と通常を比べた結果

(文/fumumu編集部・fumumu編集部

この記事の画像(9枚)

おすすめ記事