彼氏にご飯を奢ってほしい? 「割り勘デート」意外なメリットも

彼とのデートで食事代は奢ってほしいか聞いてみた

中村愛

中村愛と申します。今週から、20代女性の傾向はもちろん、私らしく“ほんの少しだけゲスい”内容もお送りします。

というのも、女性は女子会をすると、下品な会話に花が咲きますもんね。かくいう私も嫌いじゃないですし、他では聞けない内容を書けていけたらと思いますので、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

■彼氏にご飯を奢ってもらいたい?

春は出会いの季節。出会った男性とお付き合いが始まれば、デートでご飯を食べに行くこともあるでしょう。

そんな時、「毎回、奢ってほしい」「奢ってもらうのが当たり前」なんて思っている女性が多いのか?「奢られるなんて申し訳ない」と考える女性が多いのか?

fumumu編集部が、全国20代の女性290名を対象に、彼氏にご飯を奢ってもらいたいか、調査を実施しました。

若干ではありますが、奢ってもらわなくてもいいと答えた女性が、半数を超えました。なかなか謙虚なのではないでしょうか?(笑)

では、奢ってもらわなくていいと答えた20代女性の理由を聞いてみました。

 

■彼氏にご飯を奢られなくて良いと答えた20代女性の理由

・彼氏に限らず、人に奢られると気を遣ってしまいご飯がおいしくいただけない。(20代女性・ヨガ講師)

 

・2人とも仕事をしていたら割り勘が当たり前だし、奢られるのは誕生日とか記念日とか、特別な時だけでいいと思うから。(20代女性・ディーラー受付)

 

・正直、彼氏よりも稼いでいると思うので、奢ってもらうのは気が引ける…。(20代女性・エステサロン勤務)

 

さまざまな意見が見受けられましたが、今の時代は、女性もバリバリ仕事をしているので、わざわざ男性に頼らなくても良いのかもしれません。

また、「割り勘デート」を推奨している女性も多かったため、メリットも聞いて調べてみました。

 

■割り勘デートのメリット

・相手の金銭事情を気にすることなく、自分の行きたかったお店に予約できるし、好きなものを好きなだけ、食べたり飲んだりできる。

 

・相手の話をきちんと聞いたり、相槌を打ったり、褒め倒さなくていいから楽。むしろ、自分の話もバンバンできる。

 

・男性特有の「奢ってあげたから、この後付き合うっしょ?」みたいな無言のプレッシャーを感じなくていい。帰りたいときに帰ることができる。

 

どうしても彼氏が奢りたそうなら、そこは察して「ありがと!」「ごちそうさま」とカワイく言い、次は払ってあげる気持ちを見せると、より彼氏に好かれると思います。

“奢る”のも“奢られる”のも、奥深い。

(文/中村 愛

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国の20代女性290名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!