気になる男子を遠ざけてしまう…「好き避け」のせいで終わった恋

好きな人を、緊張などから避けてしまう「好き避け」。相手には嫌われているように思われ、悪い展開になることも…

退屈な女性
(Digital Vision./Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

相手のことが好きなのに、緊張や恥ずかしさ、気持ちがバレるのが怖いなどの理由で避けてしまう行為は「好き避け」と呼ばれています。好き避けをしても相手には気持ちは伝わらず、場合によってはいい印象を受け取ってもらえない場合もあるようです…。

 

■3割近くが「好き避け」

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に、好きな人に対して避けるような行動をしたことがあるか、調査を実施しました。

きな人に対して避けるような行動をしたことがあるグラフ

「したことがある」と答えた人は、全体で30.1%でした。

性別・年代別では、20代から30代の女性に多くなっています。

きな人に対して避けるような行動をしたことがある性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、好きな人を避けすぎて失敗した話を聞きました。

 

①避けすぎて相手が諦めてしまう

「私は男性と話すのに慣れていなくて、バイト先の好きな人への対応もうまくできなくて悩んでいました。話すどころか目さえ合わせられなくて、自分の行動に落ち込む日々。

 

そんな片思いはその人に彼女ができ、終わってしまいました。落ち込んでいたのですが、さらにショックなことを友達から聞いてしまって…。

 

その人は最初、私のことが気になっていたみたいです。しかしどんなに話しかけても反応が薄いため、心が折れてしまったそう。そんなときに、彼女からアプローチされたみたいです。

 

私の男性慣れしていない性格が、こんな悪い方向に行くなんて…」(20代・女性)

 

次ページ ②「嫌われている」と言いふらされる

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!