明治『THE chocolate』ゆずの贅沢な香りがふわっと弾ける新作を食べてみた

8日より『meiji THE chocolate』から、初めて和の素材を使用したゆずフレーバー「弾ける香り ゆず」が発売されます。

meijithechocolate

8日より『meiji THE chocolate』に「弾ける香り ゆず」が登場しました。初めて和の素材を使用した新作フレーバーをfumumu取材班が食べてみました。

 

■meiji THE chocolateとは

『meiji THE chocolate』は明治が立ち上げた「BEAN to BAR」にこだわったチョコレートブランドです。

「BEAN to BAR」は製造者がカカオ豆の栽培から板チョコレートまでを一貫して手がけるスタイルのことで、作り手の思いや、カカオの良さを最大限に生かすことができると、最近では日本でも注目されていますよね。

「meiji THE chocolate』は味わいや、香り、色艶、舌触りなど全てにこだわっているだけでなく、パッケージにも凝っています。

また、インスタグラムのハッシュタグ「#meijithechocolate」ではパッケージを使った写真が沢山アップされていて、直接絵を書いたり、しおりやアクセサリーをハンドメイドしたり、楽しみ方が無限に広がっています。

 

■口の中で爽やかに弾けるゆずの香り

「弾ける香り ゆず」は、ドミニカ共和国産カカオを中心に使用した、しっかりとしたフルーティ感のあるチョコレートに、ゆず果汁のパウダーと高知県産のゆず皮を練りこんでいます。ひと口食べた瞬間にゆずの香りが弾け、ゆずの香りと心地よい苦みが楽しめる大人のチョコレートに仕上げたそうです。

パッケージには完熟した柚をイメージして鮮やかな黄色とオレンジを使ってデザインされています。

明治ザチョコレート

パッケージを開けると個包装されたものが3つ入っています。

明治ザチョコレート

空けてみると、見た目も香りも普通のチョコレート。しかし、割ってみるとゆずの香りが広がります。

明治ザチョコレート

チョコはビターな味で、中には柚子の皮のようなものがたくさん入っていて、食感のアクセントになっていますね。だんだんとチョコレートの苦さの中にフルーティーな香りが感じられて、やみつきになります。

ゆずは味ではなく香りで楽しめるような印象です。心地よい苦さとゆずの香りはとても合いますね。

 

ゆずの香りは冬にぴったり! 和の素材で新年のチョコ初め、してみませんか?

・合わせて読みたい→桜香るポッキー&ビッテで春を先取り! セブン&ヨーカドー限定

(文/fumumu編集部・Nami

この記事の画像(9枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!