セブン『ブリュレ風バウムクーヘンアイス』が話題に! 食べてみた

セブンイレブンで18日に『ブリュレ風バウムクーヘンアイス』が発売されました。人気が続いている理由を探るためfumumu取材班が実食してみました

バウムクーヘンアイス

全国のセブンイレブンで発売されている『ブリュレ風バウムクーヘンアイス』(248円・税込)がSNSを中心に美味しいと話題になっています。fumumu取材班も人気の理由を調べるため実食してみました。


■ネットで話題に

セブンプレミアムの『ブリュレ風バウムクーヘンアイス』は、バウムクーヘンとアイスを掛け合わせたスイーツです。

バウムクーヘンの真ん中に空いた輪の中にバニラアイスが入っていて、その隙間にホワイトチョコ、その上にカラメルソースがかかっています。バウムクーヘンのしっとりとした食感とホワイトチョコのパリパリ感、カラメルソースのほろ苦さが味わえるように仕上げているそうです。

早速Twitter上では、「激ウマ」「また買う!」などのツイートが見受けられ、話題になっています。


関連記事:セブンのマカロンアイス&どらソフトにチョコミント登場

■ひんやりパリパリ新食感がたまらない

空けてみると、小ぶりのバウムクーヘンの真ん中にこんもりと白いアイスクリームが詰まっています。その間に、つやつやとしたカラメルソースがあります。

バウムクーヘンアイス

ナイフで切ってみると、カラメルソースの下にホワイトチョコが隠れています。

バウムクーヘンは冷凍されているのにしっとりしています。少し固いので冷凍庫から出して食べると良さそう。バニラアイスはさっぱりとしていて後味スッキリなので食べやすいです。カラメルソースはほろ苦で甘過ぎず、隠れていたホワイトソースは固まっているためパリパリとした食感で全体にアクセントが加わっているようです。

バウムクーヘンのしっとり感と、アイスのひんやり感、カラメルのほろ苦さ、ホワイトチョコのパリパリなど、様々な食感が楽しむことができます。全体的に甘すぎずさっぱりしていて、内蔵量も60mlと多過ぎないので、とても食べやすいですね。

ありそうでなかったバウムクーヘンとアイスの組み合わせや、フォークとナイフで食べるアイスは、この時期にたくさん発売されている冬アイスの中でも珍しいですね。是非この機会に試してみてはいかがでしょうか。

・合わせて読みたい→アイスバーの中にかき氷! セブン『チョコミント氷バー』食べてみた

(文/fumumu編集部・Nami

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!