「ひとりの女性」として見てほしい…彼氏持ち女子が感じる寂しさ3選

誰かの彼女である以前に、ひとりの女性…。でも、男性に理解してもらうのは、難しいことなのかもしれません。

さみしい女性
(yanjf/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

誰かと付き合ったとしても、その人自身は何ら変わるわけではありません。しかし、彼氏ができただけで、周囲からの目線や対応がガラリと変わることもあるようです。

fumumu取材班が、彼氏持ち女子が感じる寂しさについて、詳しく聞いてみました。


①ただ仲良くなりたいだけだったのに…

「気の合う男性と知り合いました。彼は優しいし一緒にいるととても楽しくて、純粋に仲良くなりたいと思っていただけなのですが…


『お互いに彼氏彼女がいるんだから…』と。浮気願望があると勘違いされてしまったみたいで、一気に距離を置かれてしまいました」(20代・女性)


気持ちを確認する以前に、疑ってかかられるとショックが大きいですよね。


関連記事:女子大生を舐めないで! 社会人彼氏の浮気を見抜いた3つのサイン

②食事の誘いを本気にして待っていたのに…

「仲良しの男友達から、食事に誘われました。でも、具体的な予定を聞くといつもはぐらかされてしまって…。理由を聞いたら、『彼氏ができたら、遠慮するよ』と。


彼氏がいなかった頃は普通に食事に行っていたし、男女の関係になったこともありません。それなのに、付き合い始めた途端、態度が一変してしまうなんて…ショックです」(20代・女性)


異性間の友情は、成り立たないと思っている人が多いのかもしれませんね。


③彼氏には言いにくいことだってあるのに…

「お兄ちゃん的存在の男性に、仕事の悩みを打ち明けました。いつも通り、気分転換に付き合ってくれたり、励ましてもらえるのを期待していたのですが…


『彼氏ができたんだから…』と、やんわり拒否られてしまって。その男性は、私の心の支えだったので…残念だし、悲しいです」(20代・女性)


彼氏だからと言って、何でも相談できるわけではないですよね。


浮気や不倫が社会問題になっている世の中。たとえ他意がなかったとしても、誤解されてしまったら損してしまうのは自分です。

大切な関係を壊さないように、自制し、周囲に配慮することも必要なのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→彼氏がいるのに言い寄ってくる男性…うまく回避する3つの言葉

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!