kiri期間限定カフェが今年も青山に! 木苺ロールやふわふわスフレが絶品

去年も大好評だった「キリカフェ」が帰ってきた!

(『kiri No.5 2018』奥左から「赤い果実のkiriロール」「小山プリン」「kiriのマカロン」手前左から「kiriクリームアイス」「小山チーズ」)

クリームチーズブランド「kiri」と、東京・北青山のRoyal Garden Cafe青山のコラボレーションカフェ「kiri café」が2018年4月11日(水)から5月10日(木)までの期間限定でオープンします。

今年で3年目の開催となるキリカフェ、昨年は1万7千人以上が来店し大盛況でした。2018年は「シンプルで上質なしあわせ」をコンセプトにクリームチーズをふんだんに使ったフードとスイーツを提供するそう。

fumumu取材班は、10日に行われた内覧試食会に行ってきました!

 

■売り切れ必須、スイーツプレートはお早めに!

中でも毎回注目されているのは、国内外のスイーツコンテストで数々の賞を受賞している「パティシエ エス コヤマ」のオーナーシェフ・小山進氏監修のスイーツプレート『kiri No.5 2018』(2,200円・税込み・1日限定150セット)。

なんと例年販売直後に完売になるそう! 今年は「『キリ』の味わいと季節感」をテーマに、木苺やマンゴー、ブラッドオレンジ、また桜餅のような味がするトンカ豆などを使用してバージョンアップされています。

特に「赤い果実のkiriロール」は、しっとりとした生地の中に木苺が練りこまれており、甘さと時折顔を出す酸味のマリアージュが味わえます。

小山シェフは、「エスコヤマを代表するお菓子をキリバージョンにアレンジして新しく作りました。ぜひ、楽しんでほしいと思います」と取材陣にアピールしました。

(左からロイヤルガーデンカフェ青山 デニス・バクサシェフ、パティシエ エス コヤマ 小山進シェフ、ベルジャポン株式会社 大髙寛 代表取締役)

 

■もちふわ食感のスフレに注目!

また、スイーツ界でも最大級の規模とレベルの高さを誇る「キリ クリームチーズ コンクール2017」のファクトリー部門にて今伸五氏が銀賞を勝ち取った作品をアレンジした「しあわせスフレ」(600円・税込み)を、Royal Garden Cafe青山のデニス・バクサシェフがアレンジを加えて提供しています。

フランボワーズとマンゴーのソースがふわもち食感のスフレを引き立てます。中のクリームはおなじみのkiriがふんわりと香るさっぱりとした味です。

(しあわせスフレ)

もちろんスイーツ以外も豊富! パスタやスープ、肉や魚のグリルにチーズソースをトッピングしたものなど、kiriを使用したフードが充実。ランチもディナーも楽しめます。

キリカフェではみんなから愛されるkiriを目一杯楽しめるスポット。ぜひ足を運んでみては。

【イベント概要】
「kiri café」(キリカフェ)
開催期間:2018年4月11日(水)~5月10日(木)
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
開催場所:Royal Garden Cafe 青山(東京都港区北青山2-1-19)

・合わせて読みたい→女子大生が「日本一長いフード」専門店でインスタ映えに挑戦した結果…

(取材・文/fumumu編集部・南方みなみ

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!