Xmas直前! 相席ラウンジに行った女子大生に出会いの成果を聞いてみると…

クリスマスを直前にして、出会いを求める女子大生達…この秋冬に相席ラウンジに行った人たちに、成果を聞いてみました。

相席ラウンジ
(HAKINMHAN/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

クリスマス前ほど人肌恋しくなることはないですよね。最近では「相席居酒屋」など、相席系飲食店が男女の出会いのスポットとして注目を集めています。

そんな中でも、高級感とお洒落な雰囲気を売りにした「相席ラウンジ」が、都内を中心に増えているのだそう。

そこで、クリスマス前に出会いを求めに「相席ラウンジ」にこの秋冬行ってきた女子大生達に、fumumu取材班が出会いの成果を聞いてみました。すると、うまく活用できなかったとの不満の声が多かったです。理由を3つまとめてみます。


①慣れていない男性が多い

「相席した男の人たちが初めて来たらしくて、どこかぎごちない雰囲気に。お店のシステムもよくわかっていなくて話が盛り上がりませんでした」(20代・女性)


「緊張したのか、疲れているのかわからないけど、あまり話してくれなくてつまらなかったです」(20代・女性)


まだまだ新しいシステムのお店が多いので、勝手がわからないのは男女とも同じ。それなりに男性にうまくリードしてほしいものですよね。

相手がタジタジだとどのような感じで振る舞えばいいのか戸惑ってしまいます。女性側でリードするのが得意な人は良さそうですね。


関連記事:婚活はしたくない人に…自然な出会いが期待できる5つの場所

②平日夜だからか…出張勢ばかり

「平日の夜に行ったためか、出張で地方から出てきた人が多かったです。週末には地元に帰ってしまうから、仲良くなってもあまり会えないなーって思いました」(20代・女性)


「地方の人だったので、話がかみ合わなくてあまり盛り上がらなかった。出会いを求めにいったのに、地方出身だと恋愛対象になれない!」(20代・女性)


出会いを求めに行って、せっかく出会った人が金曜には地元に帰ってしまう…。

関係があるとしてもワンナイトラブしか期待できなさそう…。行く曜日や土地柄を考えないと長いお付き合いをするのは難しそうですね。


③下ネタをガンガン話された

「『この子たちなら大丈夫!』って思われたのか下ネタをガンガン話された」(20代・女性)


「『初体験はいつ?』『今まで何人とヤッた?」って聞かれてイヤな気持ちになった」(20代・女性)


下ネタを話すのが好きな女性ならいいかもしれませんが、初対面での下ネタの多さに興醒めしてしまった女性は少なくなさそう。


クリスマスまでに彼氏ができなくても、焦らず、自分のペースで素敵な出会いを求めにいきましょう。

・合わせて読みたい→ぜんぜん忘れられず…好きだった人から解放されるためにやったこと

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!