黒みつがジュワ〜…ファミマ生どら焼は榮太樓總本鋪とコラボ

14日から一部を除く全国のファミリーマートで15万食限定『黒みつしみうま生どら焼』が発売されています。取材班が実食してみました

黒みつしみしみうま生どら焼

ファミリーマートから榮太樓總本鋪監修の『黒みつしみうま生どら焼』が14日から発売されています。生地で閉じることができないほどたっぷりの生クリームがインパクトたっぷり、早速fumumu取材班が食べてみました。


■榮太樓總本鋪のこだわりの素材

『黒みつしみうま生どら焼』は、1818年創業の老舗和菓子屋・榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)監修の新商品。

どら焼の生地には有機丸大豆醤油を使用して香ばしく仕立て、下側の生地に黒みつをしみこませることで、より黒みつの味わいが感じられる、しっとりとした食感にこだわっています。

黒みつは榮太樓總本鋪の代表商品「黒飴」に使う沖縄県産黒糖と同じ原料から作られています。沖縄の離島でのみ生産される黒糖が持つ独特な風味を生かし、和菓子職人が一窯ずつ仕上げる黒みつは、豊かな香りと深いコクが特徴です。

つぶあんは、北海道産小豆を適度な塩梅で渋を抜き、丁寧に煮上げた後、蜜漬けにし一昼夜寝かせます。その後火を入れ煉り上げる製法は、小豆本来の風味をより活かすため、江戸から大切に引き継いできたもの。

トッピングされたホイップクリームには、生クリームを50%ブレンドし、スプーンで食べられるように仕立てたそうです。


関連記事:どら焼きと羊羹が一緒に!? 新感覚スイーツ「どら羹」が新登場

■生クリームたっぷり

黒みつしみしみうま生どら焼

ふたを開けてみると、まるで貝殻のようなビジュアルです。生地の間にあんこと生クリームがこんもり挟まれています。

黒みつしみしみうま生どら焼

真ん中から切ってみると、あんこが入っているのは下の部分で、上の生クリームはたっぷり。下のどら焼き生地はしっとりしていて、容器にじゅわっと出てきそうです。生地には醤油が効いているのか、ほんのり香ばしさを感じますね。

黒みつの味はしっかり感じることができます。あんこは甘めな一方で、生クリームは甘さ控えめでなめらかな食感です。一緒に食べるとちょうどいい甘さになりますね。

クリスマス前の時期にはケーキなどの洋菓子が多くなり、和菓子の商品はコンビニで見かけなくなりがちですよね。和と洋の融合どら焼きは和菓子ファン以外にもおすすめです! 15万食限定なので早めにゲットしたいですね。なお、北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県は販売されていないそうなのでご注意ください。

・合わせて読みたい→かまくらみたいな可愛いケーキ! 『スノーボンブ』ローソンから発売

(文/fumumu編集部・Nami

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!