韓国留学経験のある女子大生が旅行先に「釜山」をオススメする3つの理由

韓国旅行はソウルだけじゃない。第2の都市・釜山が絶対外せない観光スポットなんです!

釜山
(SeanPavonePhoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

隣の国ということもあり、日本人に人気の旅行先のひとつとなっている韓国。K-POPアイドルだけでなく、コスメやグルメなどいろいろな点で興味を持つ人が増えてきていますよね。

旅行に行くならとりあえず首都・ソウル? となりがちですが、韓国に留学経験のあるfumumu編集部の女子大生記者がオススメしたいのは、第2の都市・釜山(プサン)。

留学中にたっぷり見つけた釜山の魅力の中から、オススメしたい3つの理由をお伝えします。

 

①港町ならでは! 本場海鮮グルメ

View this post on Instagram

#チャガルチ市場#🇰🇷

A post shared by 山口萌花 (@mkp8722244) on

チャガルチ市場は、プサン最大の若者トレンドの中心地・南浦洞(ナンポドン)からも10分ほどで歩いて行けて好アクセス。市場場内には隣接する港から引き上げられたばかりの新鮮な海鮮類がずらりと並びます。

その場でさばいてもらう新鮮な刺身も最高ですが、ぜひおすすめしたいグルメは海鮮鍋(ヘムルタン)。

タコ、イカ、カニ、エビなど、いろいろな種類の海鮮を贅沢に楽しめます。海鮮出汁の旨辛鍋を外で食べられるのは、韓国屋台飯の醍醐味ですね。

 

②ローカル市場で掘り出し物を!

国際市場は韓国では映画化もされたことのある、歴史ある卸売市場です。南浦洞の一角に位置し、最新トレンドのアパレルや化粧品店が並ぶメインロードの裏道に入ると、アパレル、化粧品、食品、日用品など雑多で活気溢れる屋台がひしめくように軒を連ねます。

道にはみ出すくらい上から下まで商品だらけの異世界で、自分だけの掘り出し物がきっと見つかるはず。宝探しのようにショッピングを楽しめますが、値段の安さに気を抜いてるとついつい買いすぎてしまいそう。

 

③村全体がインスタ映え!

カラフルな町並みで知られる甘川文化村は、山の斜面に個性豊かな家が密集しており、韓国のマチュピチュとも呼ばれる一大観光地。

村全体がカラフルなペイントやかわいいモチーフで埋め尽くされた、釜山屈指のインスタ映えスポットです。

View this post on Instagram

오늘도 행복한 돼지 😇

A post shared by . (@__robyn_da) on

中でも有名なのは、星の王子様の人形。王子様と肩を並べて写真を撮るのが定番です。

写真を撮って盛り上がることは間違いない上、話題沸騰のカフェや大人気スイーツ店が密集するカフェ激戦区でもあります。

ただし山の中腹に位置しており、坂道や階段も多いので、プサン中心部からはタクシーやバスでのアクセスがおすすめです。

 

若者向け最新トレンドやインスタ映えスポットはもちろんのこと、ローカルな市場、港町ならではの活気をも兼ね備えた、魅力たっぷりの都市・釜山。ソウル観光とは一味違った楽しみ方ができますよ!

・合わせて読みたい→自分と見つめあえる時間 “ソロ活” オススメの1日の過ごし方5選

(文/fumumu編集部・イトイヤスコ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!