女子を狙った悪質な芸能事務所のスカウト詐欺にかからない方法は?

夢を追う女性達や、ちょっと割の良いバイトと勘違いしてしまう「悪質なスカウト被害」遭わないためにどうすればいいのか、弁護士が解説します。

スカウト
(monzenmachi/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

街中を歩いていて、「モデルになりませんか?」と声を掛けられた経験はあるでしょうか。スカウトの中には、モデルの仕事があると見せかけて騙し、違う仕事をさせる目的でいる悪質な人もいます。

とくに多いのは、モデルの仕事だと思って事務所までついていったら、アダルト作品への出演と騙され、断れずに出演してしまうケースです。

 

■なぜ断れないの?

モデルの仕事じゃないとわかった時点で断ればいいじゃないかと思うかもしれません。しかし、悪質スカウト側は勧誘のプロです。女性が断りにくくなる言い方や方法を熟知しているので、非常に上手く勧誘してきます。

実際に悪質スカウトの事務所に行ってしまうと「どうしても断れない」「ここまで時間を掛けさせてしまったから断ると申し訳ない」と感じてしまう場合が少なくありません。女性の気が変わらないうちに、当日に宣材写真を撮られたり、映像の撮影をされたりすることもあります。

 

■すぐについていかない

そのような事態にならないために、突然街中でスカウトを受けたら、どんなにいい人に見えても、すぐについていくことは避けるべきです。

興味がないのなら相手をしないほうがいいし、芸能界やモデルに興味があったとしても「名刺ください。興味が出たらこちらから連絡します」などと対応をして、当日に言われるがまま付いていかないようにすることが重要です。

悪質スカウトはとくに東京や大阪、名古屋、福岡、札幌などの大都市において、18歳から25歳程度の若い女性をターゲットとします。大都市に住んでいる人はもちろん、地方から遊びに来たときに被害に遭うこともあるので、注意が必要です。

 

■悪質なアダルト作品への勧誘文句

アダルト作品出演と騙していたときの勧誘文句として「顔は出ない」「海外で配信されるだけで、日本人は見ない」「有料会員しか見ないようなサイトで一般の人はあまり見ない」「修正するから顔が変わる」などとを言われ、大丈夫かなと思って出演してしまうことが多いです。

出演料としては、数万円から多くて20万円程度。学生など金銭的に余裕のない人にとっては、普通のアルバイトをする何日分にもなると考え、出演してしまうようです。

インターネットが発達している昨今においては、家族や友人に出演が簡単に知られてしまい、お小遣い稼ぎのアルバイト感覚にしてはリスクの高い選択です。

 

スカウトの中には、もちろんしっかりとした芸能事務所の場合もあります。ただし、全てがしっかりしている人ではないので、どうか軽率についていかないでほしいです。

・合わせて読みたい→何気なく秘密をバラしてしまう女子の「悪質すぎる最悪行動」3選

(文/レイ法律事務所松田 有加(弁護士)

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!