女子大生の私をイラッとさせる「社会人彼氏との3つの格差」

社会人彼氏は憧れの存在だけど…いざ付き合ってみると、意外にも苦労が絶えないようです。

社会人彼氏
(chachamal/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

社会人男性と女子大生との恋愛は、ふたりの間のギャップがスパイスとして関係を燃え上がらせることがある一方で、格差が悩みの種になることも…。

何気ないことほど言い出しにくく、イライラを抱えている女子大生達は意外と多いようです。fumumu取材班が詳しく話を聞きました。


①生活する時間帯

「大学の単位は1・2年生のうちにほとんど取得することができたので、3年生になった今は時間割にゆとりがあります。そのため、ほとんど早起きする必要はなく、夜型生活をしているのですが…社会人の彼氏との活動時間が合わず、すれ違いがしばしば。


レスポンスの時間によっては、『もしかして、あんなに遅くまで起きてたの?』とか『学生は好きなだけ眠れて気楽でいいね』など。本人に悪気はなくても、嫌味に聞こえてしまってストレスです」(20代・女性)


関連記事:女子大生を舐めないで! 社会人彼氏の浮気を見抜いた3つのサイン

②時間の重み

「以前、待ち合わせに遅れてしまった時、『俺の1分とお前の1分は重みが違う』と、お説教されました。『学生とは違って俺は1分1秒を惜しんで仕事をしているんだから、例え少しの待ち時間であっても無駄にしたくない』と。


でも、私が遅刻したのは、そのときが初めて。彼は大体遅れてくるんですよね…仕事が長引いたり、休みでも取引先から電話があったりとかで…」(10代・女性)


③お金の価値観

「『まだ学生なんだから』と、デート中のお会計は全て支払ってくれる彼氏。最初のうちは、『学生の特権』と単純に浮かれていたのですが…付き合いが長くなるうちに、『お金を払ってもらってるんだし』と、自分の気持ちすら素直に言えなくなってしまいました。


見えない上下関係があるような…養ってもらっているみたいで、負い目を感じてしまって。女版の紐っぽい関係に、モヤモヤしています」(10代・女性)


社会人男性と学生女子は、それぞれ置かれている状況や環境が違います。いい関係を続けていくためには、お互いのことを分かり合うことが必要ですし、努力や歩み寄りも大切でしょう。

もし、今の付き合い方にストレスや違和感を感じているのなら、一旦、関係を見直した方がいいのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→胸キュンが止まらない! 女子大生が社会人の彼氏にときめく瞬間

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!