彼女が深夜にいいね連発…睡眠時間削ってもスマホに夢中な残念女子3選

なんともいえない中毒性があるスマホ。

寝ながらスマホ
(liza5450/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホの普及により、人々は場所を選ばすにネットを楽しめるようになりました。しかし便利になる一方で、スマホへの依存が問題になっているのも事実です。

 

■20代から30代の女性が寝る間を惜しんでスマホ

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、寝る間を惜しんでネットを見ていたことがあるかの調査を実施しました。

寝る間を惜しんでネットを見ていたことがあるグラフ「ネットを見ていたことがある」と答えた人は、全体で37.5%でした。

性年代別では、20代から30代の女性に多くなっています。

寝る間を惜しんでネットを見ていたことがある性別・年代別グラフ取材班は男性達に、睡眠時間を削ってまでスマホに熱中する女性にまつわるエピソードを聞きました。

 

①深夜3時にインスタで「いいね」する彼女

「うちの彼女はスマホ中毒で、とにかく1日中なにかを見ています。僕としては二人でいるときくらい、スマホは置いてゆっくり話してほしいのですが…。

 

しかもこの間なんて、食事のときにウトウトとしだしたんです。『ごめん、忙しくて…』と彼女は言っていましたが、夜遅くまでスマホを見ていたのが原因だってことを知っています。

 

深夜の3時にインスタで「いいね」をつけまくってたのは、こちらでもわかるんだから…」(20代・男性)

 

次ページ ②「寝れない」とツイート

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!