彼女のつもりで接してたのに…男女の勘違いで起きたトラブル3パターン

言わなくても分かる…わけはない!

カップル
(monzenmachi/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

告白されてOKしなければ、付き合っていることにはならない…と、思っている人は多いでしょう。しかし、口下手な男性の場合、告白すらしていないのに、付き合っているつもりで接していることもあるようです。

fumumu取材班は、男女の勘違いで起きたトラブルについて、男性達に話を聞きました。

 

①誕生日にアクセサリーをプレゼント…

「彼女の誕生日に、サプライズでネックレスをプレゼントしたのですが…『彼女でもないのに気持ちが悪い』と突き返されて茫然としました。

 

『何回か一緒に食事に行っただけで彼氏面しないで』と、彼女。そのまま気まずい雰囲気になり、店を出て行ってしまった彼女とは、連絡すら取れなくなってしまいました」(20代・男性)

 

友達感覚で、男性と食事に行く女性はたくさんいます。

 

②食事後、一晩一緒に過ごすつもりが…

「一緒に食事をした後、そのままホテルに行こうとしたのですが…『そういうつもりはないから、勘違いしないで』と、怒って帰ってしまった彼女。

 

今まで、キスをしたことはあるのに…。何でこんなことを言われたのか分からず、モヤモヤしています」(20代・男性)

 

付き合ってもいないのに一線を越えてしまうのは、体の関係だけにされてしまいそうで怖いですよね。

 

③映画館で手を繋いだら…

「映画がクライマックスを迎え、隣で泣きじゃくる彼女の手を繋いだとき、『どうしたの?』と、真顔で聞かれて驚きました。

 

慌てて手を引っ込めたのですが…映画館を出た後、急によそよそしくなった彼女。『急用ができた』と帰ってしまいました」(20代・男性)

 

ひとりで映画を観に行けないからと、友達や知り合いに声を掛けることもありますよね。

 

「あえて告白なんてしなくても、態度を見れば気持ちは分かるはず」と、男性たち。もしその気がないのであれば、友達以上の関係の男性とは、慎重に付き合った方がいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→はっきり言ってよ! 男子からされてイラッとした「遠回しの告白」3選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!