「彼氏はイケメン」と言い張る…ツライのろけ話3選

好きなときは、3倍増しでかっこよく見えるので…

女性3人
(Milatas/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏のことが好きすぎて、思わずのろけてしまったり…「恋は盲目」と言われるくらいなので、かなり恥ずかしいことを言ってしまった人もいるでしょう。

 

■恋人や配偶者を自慢する人は3割程度

fumumu編集部では全国20〜60代の既婚者と恋人のいる男女947名を対象に、恋人・配偶者の自慢をしたことがあるか、調査を実施しました。

恋人・配偶者の自慢をしたことがあるグラフ

「したことがある」と答えた人は、全体で34.7%でした。

性別・年代別では、20代女性が唯一半数を超えています。

恋人・配偶者の自慢をしたことがある性別・年代別グラフ

年を重ねていくうちに、甘い気持ちを失ってしまうのかもしれませんね。

そこで、fumumu取材班は女性達に、ツライのろけ話を聞かされた体験談を聞きました。

 

①のろけていたのに社内三角関係に

「社内恋愛している女性の先輩と二人になったときに、『私に一途で、めちゃくちゃ優しい人』などとめちゃくちゃのろけてきました。

 

それもそのはずで、会社で二人の関係を知っている人はごくわずか。あまり自分の恋愛を話せる人がいないため、こんなときしかのろけられなかったのでしょうね。

 

その後、彼氏のほうが他の女性にも手を出し、社内三角関係という修羅場を迎えることになるとは思ってもいませんでした。どこが一途なのか…」(20代・女性)

 

次ページ ②「彼氏はイケメン」と言い張る友達

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!