付き合ったら大変そう…食い意地張り過ぎ男子にドン引きしたエピソード

食事の食べ方で、その人の“人となり”が大体分かりますよね…。

食事をする男性
(Marina Bakush/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分が作った料理を美味しそうに食べてくれる男子が魅力的に見えること、ありますよね。残さず完食してもらえたら、作り甲斐もあるでしょう。

しかし、あまりにも食い意地が張っている男子は、見苦しいこともあります。

fumumu取材班が食い意地が張り過ぎた男子のドン引きエピソードについて、女子達に話を聞きました。

 

①チキンの骨までしゃぶる

「去年、いい感じの男子とクリスマスデートをしました。しかし、ディナーに出てきたローストチキンの食べ方があまりに汚くてドン引き。

 

骨までしゃぶって食べる姿を見て、幻滅してしまいました」(20代・女子)

 

肉好きの人に聞いたところ、骨に近い部位が一番美味しいそうです。しかし、公衆の面前でしゃぶりつくような食べ方をしてしまうような男子は、さすがに彼氏にはしたくないですよね。

 

②周りのことを考えずに鍋を独り占め

「サークル仲間を招いて、自宅で鍋パーティーをしました。気になっている先輩がいたので、いいところを見せようと気合いを入れて準備していたのですが…

 

私を含めて4人いたにも関わらず、ほかの人のことを考えずにお肉だけをひたすら食べ続ける先輩。結局、野菜だけが残り、残念なお鍋になってしまいました」(20代・女子)

 

美味しそうに沢山食べてくれるのは嬉しいものですが、だからと言って、独り占めするような食べ方はいやらしく見えてしまいますよね。

 

③店の料理が少ないとケチをつける

「気になっている男子からデートに誘われ、ローストビーフが美味しいと評判のお店に食事に行きました。

 

ところが、運ばれたてきたローストビーフを見て『薄い…』と、ケチをつけ始め、何度も言う男子。本性を見て、ガッカリしてしまいました」(20代・女子)

 

お料理は、お金を払って購入しているものです。想像していたものと違い、ガッカリしてしまうこともあるでしょう。しかし、調理してくれた人、材料を作ってくれた人などに感謝の気持ちを持って食べて欲しいものですよね。

 

適量を頼むことや食べ方は食事のマナーです。付き合うなら、TPOに応じることのできる男子を選びたいものですね。

・合わせて読みたい→楽しいはずが…鍋パーティーでイラッとさせた男子の3つのエピソード

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!