「変わり身早すぎ…」ムカツク同僚の言動3パターン

仕事だけの付き合いと割り切ってはいても、実情は…?

悩む女性
(nathaphat/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

仕事はお金を稼ぐための手段の一つとして、割り切って働いている人も多いでしょう。

しかし、だからと言って、自分の利益だけを最優先されるのは許し難いですよね。

fumumu取材班が、職場で同僚にどんな不満を持ったことがあるか、女性たちに話を聞いてみました。

 

①ミスした人がグループ全体の責任と報告

「納期を勘違いしてグループに共有していた同僚。しかし、上司には『納期に間に合わせることができなかったグループ全体の責任です』と、報告していました。

 

謝るどころか悪びれる様子は一切なく『みんなで挽回しましょう』と、場を仕切り直そうとする態度にイライラします」(20代・女性)

 

反論したところで過去に戻れるわけではないので、次回以降、同じようなことが起きないように対策を考えたいですね。公正な評価をしてくれる人は、他にいると信じましょう。

 

②責任を転嫁してくる

「職場でミスが発覚した際、『●●さんの言ったことを信じて行動してしまいました』と、同僚が責任転嫁してきました」(20代・女性)

 

「言った言わない」の状況になってしまうと、正しいことを言っていたとしても、弁解ができないことも。大事なことはメールでやり取りをするなど、証拠が残るような工夫をした方が安心かもしれません。

 

③変わり身が早い

「『今日は一緒に定時で退社して飲みに行こう』と、約束していた同僚。しかし、先に帰ろうとした私が上司から注意されているのを目の当たりにし、即座に帰る準備を止めました」(20代・女性)

 

職場では、できれば自分の評価を下げるようなことはしたくないですよね。しかし、相手次第で態度をコロっと変えてしまうような人は、そのうち、周囲からの信頼を失ってしまうのではないでしょうか。

付き合う同僚は、自分の好みで選べるわけではありません。しかし、一緒にいるだけイライラするような同僚がいると、仕事自体がストレスになってしまいます。

反面教師として、自分も同じような態度を取らないように気を付けたいものですね。

・合わせて読みたい→女子のギャップに男子がドキッ! 意外すぎる一面に驚かされた瞬間

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!