営業女子が実践! 角を立てない忘年会の断り方

断り文句次第では、印象がアップすることも!

営業ウーマン
(maroke/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

ハロウィンが終わり、街中が一気にクリスマスモードになりましたね。早くも年末へ向けて、忘年会のお誘いが舞い込んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、忘年会は楽しいものばかりではありません。仕事関係など、お付き合いで顔だけでも出さないといけない…と、憂鬱になっている人もいるでしょう。

そこで、fumumu取材班が、忘年会の上手な断り方について、営業女子達に話を聞いてみました。

 

①すでに他社さんから…

「担当しているクライアントが多ければ多いほど、お誘いが重なることはよくあります。そのため、『すでに他社さんからお誘いをいただいているので…』とは、断り文句でよく使います。

 

先に決まっている予定を後からキャンセルするなんてことは、営業レディとしての信用・信頼に関わる問題です。先方も、納得してくれます。

 

最後に、『次はもっと早く誘ってください』と言えば、相手の中での自分の優先順位も上げることができるので、オススメです」(20代・女性)

 

②その日は早く帰らなくては…

「営業レディにとっては、体調管理も仕事のうちです。忙しい年末だからこそ、しっかり休んで仕事に備えている人は少なくありません。

 

そのため、『忘年会がてら、これから飲みにでも行きませんか?』というような急なお誘いは、『翌日は別の仕事の予定があり、準備のために早く帰らなくてはいけないので…』と、お断りさせていただくことも。

 

次回以降、急なお誘いをされる可能性は減りますし、“真面目”な印象も持ってもらいやすいです」(30代・女性)

 

③年内に終わらせなければ…

「年末決算の会社の場合、年明けに仕事を持ちこすことができません。

 

『年内にどうしても終わらせなければならない案件があるので…』と言えば、理解を得やすく、応援してもらえることもあります」(30代・女性)

 

「仕事関係のお誘いには仕事絡みの断り文句を使えば、角が立ちにくいです」と教えてくれました。

営業女子にとって“忙しい”というのは、自分の人気度を表しているようなものなのだとか。断りながらも営業トークに繋げることができ、一石二鳥だと言います。

今後の参考のために、覚えておきたいですね。

・合わせて読みたい→もう誘いたくない…お酒で性格が豹変する人の最悪なエピソード

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!