撮られることが多くなったけれど…私が記念撮影を嫌いな3つの理由

嫌いなのに、何度も付き合わされて…

セルフィー
(Tomwang112/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホで気軽にカメラが使えるようになり、記念撮影する機会も増えたと思います。自分を撮られることが好きではない人にとっては、嫌な時代かもしれません。

 

■2人に1人は記念撮影が嫌い

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、記念撮影があまり好きではないかどうかの調査を実施しました。

記念撮影があまり好きではないほうだグラフ「好きではないほうだ」と答えた人は、全体で50.9%と2人に1人もいることが判明したのです。

性別・年代別で見ると、20代から50代までは男性よりも女性の割合が高くなっています。

記念撮影があまり好きではないほうだ性別・年代別グラフ自撮りをするのは女性が多い印象なので、意外な結果といえるでしょう。

fumumu取材班は女性に、記念撮影が嫌いな理由について聞きました。

 

①自分の写真写りを優先する友達

「友達がやたらといろんなところで記念撮影したがるので、いつも付き合わされています。

 

勝手にSNSにアップするだけでも非常識な上に、その子は自分の写真写りがいいものだけを選んでいるところがあざとくて…。私がたとえ半目でも、自分か良く撮れていればいいんです。

 

もう『自分大好きちゃんなんだな』ってことで、周囲は諦めてますけどね…」(20代・女性)

 

次ページ ②あまりテンションが上がらないタイプなので…

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!