脱・コミュ障! 簡単に会話が途切れなくなる雑談テクニック

雑談中
(TakakoWatanabe/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飲み会の席で、「最近どう?」と先輩や上司から話しかけられたら、どう返していますか?「はい、順調です!」と普通の対応をするかもしれませんが、これでは話は続かないですよね。

同僚と職場でランチ後、また、取引先と打ち合わせが終わったあとなど、雑談力が求められるケースはたくさんありますね。

そこで、fumumu取材班が女子達にどのような雑談をして沈黙を切り抜けてきたか、聞いてみました。

 

①時事ネタや天気の話を活用する

最近のニュースをしっかりチェックし、雑談ネタを携えておきたいところです。目上の人と話す機会が多ければ、時事を知っているとスムーズに話が進むものです。

また、天気の話も効果的。「昨日のゲリラ豪雨大丈夫でした?」とたわいもない話ができます。また、主婦だったら「あ~、そう言えば、午後から雨が降るみたいだから、洗濯物取り込んで置いた方が良いわよ~」など、役立つ話もできそうですね。

 

②休みの日に何をしているか聞いてみる

「休みの日って何してるんですか?」と聞くことによって、会話の流れが流暢にいくかもしれません。

レジャーの話や、趣味の話など、自分の知っている分野に引っかかれば、そこから話題が広がっていきますよね。何に興味を抱いているかもわかるし、相手の環境を知ることもできるので、会話を進めていく糸口を見つけることができますね。

また、仕事が忙しくてなかなか休めないと答える人もいるかもしれません。どんなに大変なのか聞いてあげたりもできそうです。

 

③自分のプライベート話をする

逆に、「昨日野球観戦しに行ったんです」など、自分の話をすると、「じつは、自分も好きなんだ~」と、意外にも共感を得られる場合があるものです。

自身のプライベートを明かすことにより、相手があまり喋るのが得意じゃなく躊躇していた場合でも、緊張の糸がほぐれてよく喋ってくれたりします。

 

会話の沈黙を避けるためにも、日頃からこまめな情報収集をしておきたいですね。

・合わせて読みたい→巻き込まれ注意! みんながイラッとする…話が長い女子の3つの特徴

(文/fumumu編集部・mao88

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!