コク深い味わい! ちょい足ししてよかったカレーの隠し味3品

カレー
(monzenmachi/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

食卓の定番メニュー「カレー」は簡単に作れるので、家庭によっていろいろな作り方がありますよね。

そこで、fumumu取材班は、カレーに「ちょい足し」してよかった意外なモノを女子達に聞いてみました。

 

①インスタントコーヒー

インスタントコーヒーを入れると、カレーを作った翌日のようなコク深い味わいを実現することができておすすめです。水量を調節すればコーヒーでもOKですね。

カレー粉を溶かすタイミングで、インスタントコーヒーを4皿分で作る場合、コーヒー用のスプーン1杯程度と、そこまで多くなくても、感じ方がしっかりと違ってきます。

あまり煮詰め過ぎると苦みが増してしまうので注意しましょう。

 

②コーラ

コーラで煮るとお肉の味の深みが増し、柔らかく仕上がるので、鶏肉などでたまに聞きますよね。

また、コーラには甘さがあるので、甘口のカレーが好きな人におすすめです。

水の調整の段階で水の4分の1程度を、水の代わりにコーラを加えて、お肉&炒めた野菜と加えぐつぐつ煮込みます。飲み残しのコーラがでた場合などにいいですね。

 

③おろしニンニク

お肉を焼くときやガーリックトースト、ラーメンにおろしにんにくを使用したりするのですが、カレーにもたっぷりめのニンニクを加えても美味しいんです!

入れるタイミングしては、肉を炒めるタイミングでニンニクチューブなら1皿につき1センチ程度、生ニンニクなら1片一緒に加えます。ちょっと多めに感じてもOK、炒めるとだんだん香ばしい香りが漂ってきます。

炒めた後に煮込まれたガーリックがカレーの風味をワンランクアップさせてくれます。

 

ちょい足しアイテムを使っていつものカレーとは違うワンランク上のオリジナルカレーを堪能してみてはいかがでしょうか?

・合わせて読みたい→電子レンジでカンタンに! 自家製サラダチキンが作れる

(文/fumumu編集部・mao88

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!