帽子はファッション性だけじゃない! 機能性で買うべき3つの理由

帽子があれば、手抜きができる。

帽子
(eddtoro/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ファッションのアクセントとして、いろいろと使える帽子。猛暑が続いたこの夏は、暑さ対策としても大活躍しました。

帽子は、ファッション性と機能性を兼ね備えたアイテムなのです。

 

■帽子を持っていない人はわずか

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、帽子を持っているか調査を実施しました。

帽子をひとつも持っていないグラフ「1個も持っていない」と答えた人は、全体で19.8%と少ない割合でした。

性別・年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっています。

帽子をひとつも持っていない性別・年代別グラフ

女性はファッションアイテムのひとつとして、帽子を活用している人も多いのでしょう。

fumumu取材班は女性達に、ファッション以外の帽子活用法について聞きました。

 

①ズボラな女性に帽子は必需品

「休みの日はなにもしたくないけど、少しだけ買い物に出たいときがあります。髪はボサボサだけど整えるのも面倒なので、そんなときは帽子をかぶってごまかすと楽ですね。

 

また前の日に疲れてお風呂をサボってしまったときも、帽子が大活躍します。ベタつく髪を、帽子で隠すのです。

 

群れて余計にベタついてしまいますが、『帽子を被っていたから』と言い訳ができるので…。ズボラな私にとっては、帽子は必需品ですよ」(20代・女性)

 

②夏は暑さ対策以外にも帽子を

「強い太陽のせいで髪が傷んでしまうので、帽子で直射日光を防いでいます。

 

日傘でもいいのですが、私はすぐにどこかに置いてきてしまうので…。帽子なら、両手も使えるし。

 

毎年、夏が終わると髪の痛みがひどかったのですが、帽子を被るようになってからはかなりましになりました」(20代・女性)

 

③男性は薄毛を隠すために

「うちの父は、常に帽子を被っています。理由は、薄くなった髪を隠すためだそう。

 

『蒸れるから、さらに悪化するんじゃないの?』と言っているのですが、それよりも隠したい気持ちが強いようです。

 

帽子を脱ぐと汗で少ない髪が頭皮にべったりとくっついていて、そのほうが見た目も悪いのに…」(20代・女性)

 

ファッションだけでなく機能面でも、帽子には魅力がいっぱいですね。

・合わせて読みたい→男子は騙される? 体型をカバーする「着痩せ服」選ぶポイントとは…

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!