お金がないわけじゃないけど…私が洋服を買わなくなった3つの理由

いつも同じ洋服を着ている女子たちの実態。

シンプルな女性
(bee32/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

ファストファッションブームで洋服をお手頃価格で買えるようになった今、あまりお金をかけなくても、お洒落を楽しめるようになりました。しかし、一方で、いつも同じ洋服を着ている人も案外いますよね。

fumumu取材班が洋服を最近買っていない女性達に聞くと、納得の理由がありました。

 

①洋服にお金を使うのが勿体ない

「若い頃は、洋服にかなりのお金をつぎ込んでいましたが…増えすぎた洋服をリサイクルショップに持って行った時、1着数十円から数百円の買い取り価格を目の当たりにし、自分が思っているほど洋服には価値がないことに気づかされました。

 

以来、洋服にお金を使うのは勿体ないと考えるようになり、仕事用のスーツや冠婚葬祭用の喪服など、必要な機能を満たす最低限の洋服しか購入しないようになりました」(30代・女性)

 

②体型が変わらないから買い替える必要がない

「私は、高校生の時から体型がほとんど変わっていません。なので、部屋着は高校で使っていたジャージを未だに着ていますし、靴もその頃から使い続けているものが何足かあります。

 

今どきのファッションが気にならないと言えば嘘になりますが、手持ちの洋服で特に困ることもないので…新しく買い替える必要性は感じていません」(30代・女性)

 

③服を選ぶのが面倒

「オシャレをするのは大好きだったんですが、洋服を選ぶのやコーディネートを組むのが苦手な私。『カワイイ!』と思って買って帰っても、いざ着ようと思ったときに合わせる洋服がない自分自身にウンザリしてしまいました。

 

だから、私は、日々のコーディネートを制服化することに決めました。トップスは白シャツ、ボトムスは黒パンツしか履きません。TPOを選ばずに使えて、なおかつ、人に不快感を与えることもないと思っているので、もうこれ以上、新しい洋服は買いません」(20代・女性)

 

いつも同じような服を着ていると、「お金がないんじゃない?」とか「ちょっと変わってるよね」と、偏見を持ちがちです。

しかし、価値観は人それぞれだと覚えておきたいですね。

・合わせて読みたい→食費を削ってでも…女子が洋服を買い続ける3つの理由

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!