好きになっちゃいそう…年下男子に胸キュンした瞬間3選

勝手な思い込みで、自ら恋愛対象を狭めてしまっていることもあるかもしれません。

カップル
(yumehana/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年下男子なだけで、「経済力に不安」とか「頼りなさそう」と、恋愛対象外にしてしまう女性は少なくないでしょう。

一方で、年下男子の魅力にハマってしまう女性も意外と多いようです。

fumumu取材班が年下男子に胸キュンした瞬間について、経験者の女性たちに話を聞いてみました。


①タメ口を使った直後に謝る姿

「職場で、後輩男子のプレゼン指導をしていた時のことです。あれこれ突っ込んでいたら、『あっ、ちょっと待って…』と、後輩。


『うっかりタメ口になってしまってスミマセン』と慌てて謝る姿に、『可愛いな~』と、思わずキュンとしてしまいました」(20代・女性)


関連記事:モテ子がやってる! 年下男子の本命彼女になる3ステップ攻略法

②「好き」と真っすぐな気持ちを伝えてくれた

「大学の卒業式が終わった後、同じサークルの1年生男子に『好きです。付き合ってください』と告白されました。サークルの中では仲が良い関係でしたが、3歳も年の差があるので…後輩を恋愛対象として意識したことはなかった私。正直、驚いたのが本音です。


しかし、真っすぐに『好き』という気持ちを伝えてもらったことに何より感動してしまって…思わず『私で良ければ』とOKしてしまいました」(20代・女性)


③「そばにいられるだけで幸せ」と言われた

「妻子がいる男性と、不倫をしていた私。知り合いには相談することができなかったので、行きつけのバーでバーテンをしていた年下男子に、お酒を飲みながらグチるのが習慣になっていました。


ある晩、『いつも、こんな話ばかりしちゃってゴメンネ』と私が言ったら、『僕は、●●さんのそばにいられるだけで幸せですよ。僕なら、●●さんをこんなに悲しませるようなことはしないのにな…』と。


張り詰めていた心の糸が切れた私は、その場で号泣。彼の優しさに触れ、不倫を終わらせる決心をしました」(20代・女性)


今シーズン注目のドラマ「中学聖日記」。10歳年下の中学生に心惹かれていく女教師の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリーで、じれったい切なさに胸キュンするとSNSで話題です。

誰かを本当に好きになった時、恋する2人の間には、年齢の境界線なんてなくなってしまうのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→どうして出会ってしまったの…ツラい片想いの乗り越え方5選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!