永野芽郁のセーラー服姿に大きな反響「同級生になりたい!」

2019年3月公開の永野芽郁さん主演映画『君は月夜に光り輝く』のビジュアルが公開されました

永野芽郁
(画像はinstagramのスクリーンショット)

9月までNHKの朝の連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを務めていた、女優の永野芽郁さんが15日、自身のInstagramで2019年3月に公開予定の映画『君は月夜に光り輝く』のビジュアルを公開し、早速話題になっています。

 

■原作ファンも歓喜

『君は月夜に光り輝く』は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で大賞を受賞した佐野徹夜氏のデビュー作。

感動的な青春ラブストーリーとして、本の累計発行部数30万部突破(2018年9月時点)と多くの人々から支持を集めています。

その作品を、2017年に日本中を感動の渦に巻き込んだ映画『君の膵臓を食べたい』のスタッフで映画化をすることに。

待望の映画化に原作ファンからも喜びの声が寄せられています。

「映画! やった!」

 

「映画化、嬉しすぎます! 公開が待ち遠しいです!」

 

「原作めっちゃ好き~。楽しみ。」

 

■セーラー服がかわいすぎる

永野さんは今回、死期が近づくと体が発光する不治の病「発光病」を患ったヒロイン・渡良瀬まみずを演じます。

朝ドラで10代でありながら、1人の女性の少女からアラフォーを演じ、高く評価された永野さん。今作は朝ドラ後初の出演映画です。

自身のInstagramでビジュアルを公開すると、続々とコメントが寄せられています。

「セーラー服似合う!」

 

「かわいすぎます♥」

 

「学生の時、こんなクラスメイトがいたらよかった(泣)」

 

「可愛いから共に学生時代を送りたいです」

 

「絶対みる芽郁ちゃん! やっぱ芽郁ちゃんは制服が似合う! えー! 早く見たいじゃん! 楽しみにしている!」

 

■公式Twitterも開設

さらに、永野さんの同級生役を『君の膵臓を食べたい』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞し、ダンスロックバンドDISH//のメンバーでもある北村匠海さんが演じることでも注目が集まっています。

公式Twitterアカウントも開設され、2人のビジュアルを早速アップ。切なそうな2人の表情は見るだけで感傷的な気持ちになってしまいます。

映画は現在撮影中とのこと。「生」と「死」をどのように描いた青春物語になるのでしょうか。公開が楽しみですね。

・合わせて読みたい→まだまだJKいける! 新木優子の制服姿が「かわいい」と話題に

(文/fumumu編集部・

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!