結婚相手の条件に経済力は必要!? 幸せな結婚をするためのお金の話

結婚相手に求める数ある条件の中で、“経済力”に注目してファイナンシャルプランナーが解説します

ファーストバイト
(Harada Tatsunari/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚に憧れている人なら、誰でも「幸せな結婚生活を送りたい」と思うのではないでしょうか。

結婚すると、ふたりでの生活が始まります。生活には食費や光熱費などの日常にかかるお金や、住宅購入などのライフイベントに関わるお金まで、多額の出費になります。

幸せな生活を送っていくためにはお金の計画を立て、実行していくための経済力が重要です。そこで、パートナーの年齢が自分より年上か年下かを基準にして、特徴に応じた対応策を考えてみました。

 

■年上のパートナーの特徴

年が離れた年上のパートナーとの結婚は、「今」お金があります。一方で、パートナーが年金を受け取る年齢になれば、家計の年収はダウンしてしまいます。

年の離れた年上のパートナーとの結婚は、老後の資金計画をしっかりと立てておくことが大切です。

 

■年下のパートナーの特徴

年下のパートナーは、「今」の経済力は乏しいかもしれません。しかし、長期的に考えると、長く働くことができるのは心強い要素です!

老後資金を貯める期間が長くなり、時間を味方にした余裕のある計画を立てられるのが特徴です。

 

■その相手、お金の話をオープンにできる?

「パートナーがカードローンで借金を抱えていた…」「めちゃめちゃケチだった…」など、お金の話をしないままで結婚をしてしまうと、お金で苦労してしまうことになりかねません。

お金を稼ぐ力や経済力は結婚には大切な要素です。さらに、お金の価値観についてもしっかりと話し合っておく必要があります。

どちらか一方に任せておくのではなく、ふたりでお金を管理できるように、いつでも話し合える環境を整えておきましょう!

 

生活をしていく上では、経済力について考えたり、お金のことをオープンに話せる環境をつくったりするのも大切なことです。さらに、自分でも稼ぐ力を身につけると選択肢が増え、お金に振り回されない生活ができます。

相手の経済力の特徴をつかみ、幸せな結婚を目指しましょう!

・合わせて読みたい→逢える時間は少ないけど…大学生彼女と社会人彼氏あるある4選

(文/荒木 千秋

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!