「もう絶対一緒に行きたくない…」旅行で友達にムカついた3つの不満

意外と重要? 仲良いだけじゃ楽しめない理由。

旅行
(imacoconut/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏休みや連休を使って、友達と旅行に行った人も多いのではないでしょうか。旅行中は楽しく過ごせることが一番ですが、そうも言ってられないのが現実です。

そこで、fumumu取材班が旅行で友達にどんな不満を持ったことがあるか、女性達に聞いてみました。

 

お金の使い方の価値観が合わない

「ヨーロッパ旅行を計画していると、ギリギリになって、一緒に行く友達がLCCとホステルは絶対に嫌だと言ってきた。旅費が格安ツアーの3倍になってしまい、親から借金をしなければいけなくなった」(20代・女性)

 

LCCが普及し、格安で航空券を入手できますが、使いたいと思うかは人それぞれ。新幹線なのか深夜バスなのか、リゾートホテルなのかゲストハウスなのかも同じ問題ですね。

お金をかけてでも快適な空間を楽しみたい人もいれば、環境は最低限でいいからできるだけ節約したい人もいるため、価値観が合わないとなかなかスムーズに旅程を組むことができません。

 

②旅行に一番求めているものが違う

「私は歴史的な建物や街の雰囲気をゆっくり楽しみたかったのに、インスタグラマーの友達は映えるカフェやインスタで人気の観光スポットに夢中で、次々と移動することになってしまった」(20代・女性)

 

旅行中に意外と対立してしまうのは、何に一番時間を使いたいのか。

観光地をたくさん回りたいのか、一つひとつのスポットでゆっくり時間を過ごしたいのか。現地の料理を食べたいのか、旅先でも安心のホテルのレストランや世界的なチェーン店に入りたいかなど、譲れないものってありますよね。

 

③時間にルーズ

「ホテルを9時出発予定なのに直前まで荷造りをしてくれなかったせいで、結局チェックアウトの時間ギリギリに出ることになってしまった。予定が全部後ろにずれ込むことに」(10代・女性)

 

「せっかく指定席を取っていたのに、友達が遅刻したせいで自由席に。席が空いていなかったので、結局2時間以上立ち続けることになってしまった」(20代・女性)

 

時間が限られているからこそ、最大限時間を有効活用したいのに、時間に対する感覚のズレは旅行中かなりの障害になります。

 

旅行に対する期待度やスタンスが違うと、なかなか楽しいだけでは済まないようですね。前もってしっかり相談しておきたいところです。

・合わせて読みたい→デート中も関係なし! インスタ映えを狙いすぎた女子3人に起きた悲劇

(文/fumumu編集部・hayami

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!