SNSで彼女ヅラやめて! 男子が嫌がる「片想い女子の暴走行動」4選

付き合ってもいないのにドン引きな行動を男性に聞いてみました。

スマホを持つ女性
(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

片想い中、そっと物陰から好きな男子を見つめる控えめな子もいれば、好きな気持ちが暴走し、相手がびっくりするような行動をしてしまう子もいるもの。

正直、女性側はアプローチと思っていても、男性にはただの暴走行動にしか見えないことも。

そこでfumumu取材班は男が嫌がる片想い女子の暴走行動を聞いてみました。

 

①毎日「おはよう」「おやすみ」

「別に付き合ってもないのに『おはよう』『おやすみ』を送ってくる女子が苦手。無視しても毎日送ってくる執着心が怖い」(20代・男性)

 

気になる彼と距離を縮めたくても、カップルのようなLINEを送ってしまうのは、彼の気持ち次第では重いとか怖いなどネガティブに捉えてしまうので要注意です。

 

②偶然を装った待ち伏せ

「最寄駅で待ち伏せされていた時はさすがに、この子ヤバいなと思った。最初の2回は偶然かなと思ったけど、3回目に改札近くの柱に突っ立って、あたりをキョロキョロ見渡している姿を発見してしまい、待ち伏せに気づいた」(30代・男性)

 

彼に会いたくても、待ち伏せは好き嫌いに関わらずちょっと怖いもの。彼女ヅラの領域も超えるので、待ち伏せは控えた方がいいかもしれません。

 

③当然のようにデートの予定を立てる

「エッチしただけで交際したと思う女の気がしれない…。エッチした翌日からしつこくLINEが来るし、『今週いつ空いてる?』とデートの予定立てようとしているし…」(30代・男性)

 

好きな人とはデートして距離縮めたいですよね。でも相手の意思を確認しないままデートの予定を一方的に立て始めるのは、若干自己チューに思えてしまうことも…。

 

④交際中のようにSNS上で匂わす

「SNSで勝手にタグ付けしたり、交際を匂わすような投稿をされるのが迷惑」(20代・男性)

 

「みんなで飲み会をしたはずなのに、俺とのツーショット写真だけSNSにあげ、あたかもデートしました風に装ったり、俺が友達との飲み会の写真をSNSであげると『飲みすぎないように』と、どの立場からもの言っているのか、勘違いコメントをされたりしたことがある」(20代・男性)

 

誰が見ているかわからないSNS。彼との仲をみんなに知って欲しいのか、外堀を埋めたいのかはわかりませんが、交際前のSNSは気を付けましょう。

・合わせて読みたい→この子はちょっと…「好意があったけれど冷めた」女子のSNS投稿5選

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!