なにかと悩みが多い世代…30代女性から「やけ酒に走る」3つの理由

やけ酒したい年頃?

お酒
(nikoniko_happy/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性も30代になると、仕事やプライベートでの悩みが複雑になってきます。あまりにもストレスが溜まったときには、お酒を飲んですべてを忘れようとする人もいるようです。

 

■お酒を飲む3人に1人がやけ酒

fumumu編集部では全国20〜60代のお酒を飲む男女837名を対象に、やけ酒をしたことがあるか調査を実施しました。

やけ酒をしたことがあるグラフ

「やけ酒をしたことがある」と答えた人は全体で33.1%と、お酒を飲む約3人に1人もいることが判明したのです。

性別・年代別では、30代女性が他を大きく引き離して高い割合になっています。

やけ酒をしたことがある性別・年代別グラフ

取材班は、30代の女性たちにやけ酒をする理由について聞きました。

 

①長年付き合ってきた男性にフラれてやけ酒

「27歳のときから、5年ほど付き合った男性がいました。しかし彼からはまったく、『結婚』って言葉は出てきません。

 

だんだんと焦ってきて、私は『結婚したいね』などと言うようになりました。それが嫌になったのか、私と別れて20代の若い女性のところに行ってしまったんです。

 

その時期は悲しさと腹立たしさを紛らわすために、毎日、やけ酒ばかりしていましたね」(30代・女性)

 

②友達が結婚するたびにやけ酒

「20代後半から、友達の結婚が続きました。もちろんうれしい気持ちはあるけれど、親とかの『あなたは、まだなの?』みたいな圧力が嫌なんです。自分だけ取り残されたような気分もありますし…。

 

だから友達が結婚するとの連絡があるたび、現実逃避のためにやけ酒してしまいますね。結婚式の帰りにそのままの服装で、小さな居酒屋で一人酒をしたこともあります」(30代・女性)

 

③上司が後輩ばかりかわいがるのでやけ酒

「やっぱりおじさんは、若い女の子が好きじゃないですか。うちの上司も後輩と私で、めちゃくちゃ対応が違うんです。後輩に良く見られたいからって、私に仕事を押し付けることもあります。

 

他の部署に同じような状況に置かれている同僚がいるので、一緒に飲みに行って上司の悪口を言い合っています。彼女がいてお酒があるから、なんとか働けている感じですね」(30代・女性)

 

ストレス発散になるのならたまのお酒くらいはいいのですが、飲みすぎないように注意したいものですね。

・合わせて読みたい→会社の中でも? お酒の力を借りて行動する男に幻滅したエピソード3選

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代のお酒を飲む男女837名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!