寝るときのおしゃれはしないの? 若者のネグリジェ離れが深刻に

ネグリジェは、過去の産物になってしまうのでしょうか。

ネグリジェ
(Taku_S/iStock/Thinkstock)

寝るときに着るものには、パジャマやスエットなど選択肢が多くあります。誰の目もない家の中だから、まったくこだわりがない人もいるかもしれません。

一方で、ベッドでもおしゃれを楽しみたい人には、かわいいものやセクシーなものもたくさん用意されています。そのうちのひとつがネグリジェです。

 

■ネグリジェは絶滅危惧種

fumumu編集部では、全国20〜60代の女性688名に寝るときの服装について調査を実施しました。

「寝間着にネグリジェを着たことがある」と答えた人は、全体でわずか16.1%と少ない結果でした。普段使いにはなかなか難しいのかもしれません。

年代が低くなるほど、ネグリジェを着た経験のある人がだんだんと少なくなっています。

寝間着にネグリジェ年代別グラフ

パジャマを着る人も少なくなったとされ、ましてやネグリジェなんて未知の世界なのでしょう。

「冬はスウェット、夏はTシャツとハーフパンツが多いですね。わざわざパジャマを買うなんてしばらくしていないし、ネグリジェなんて着ようって発想がありません」(20代・女性)

 

■60代女性のネグリジェ率が多い理由

今回の結果では60代の女性が半数を超える高い割合になっています。ネグリジェにはセクシーなイメージがありますが…。

「うちの母は昔、『アッパッパー』と呼ばれるムームーみたいなやつをよく着ていました。もしかしたら、そんなのもネグリジェに含まれているのかも」(40代・女性)

 

ネグリジェ自体が過去の産物になってしまうのは、少しもったいないようにも思えてきます。

 

■見られていなくてもおしゃれをしたい女性

20代女性に絞ると、結婚をしている人がよりネグリジェを着ています。

寝間着にネグリジェ傾向別グラフ

パートナーがいる人は、たまにネグリジェを着てムードを盛り上げることも…。

「結婚してすぐの頃には、寝るときの格好も気にしていましたね。たまのネグリジェは、けっこう喜ばれた記憶があります」(20代・女性)

 

パートナーとマンネリになっている人は、ネグリジェを着てみるのもいいかも。

「部屋着やパジャマにどうでもいいものを着ていると、なし崩しに他のところもだらしくなくなる気がして…。見られていなくても、自分の気分を上げるためにかわいいのを着たい」(20代・女性)

 

美意識を高く保ちたい人にも、家でネグリジェが役立ちそうです。

・合わせて読みたい→ファッションセンスある人なのに…部屋でのおしゃれができない理由

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 /20代の女性290名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!