好きになるのは「遠くのイケメン」より「近くのブサイク」?

毎日顔を合わせていると、親近感を持つ。

ビジネスマン
(chachamal/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どんなに菅田将暉さんがイケメンでも、接する機会がないために恋愛感情まで抱く人は少ないはずです。一方でそれほどイケメンでもないのに、職場で接する人に興味を持ってしまう…。

接する機会が多い相手に好意を持つことは「単純接触効果」と呼ばれ、恋愛テクニックとしてもよく紹介されています。

 

■20代女性は「近くのブサイク」を選ぶ

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,353名を対象に、遠くのイケメン・美人よりも近くのブサイクを好きになると思うか、調査を実施しました。

遠くのイケメンよりも近くのブサイクを好きになるグラフ「近くのブサイク」を選ぶ人は、全体で28.7%もいることが判明したのです。

性年代別でも20代に注目すると、男性よりも女性の割合が高くなっているのが印象的です。

遠くのイケメンよりも近くのブサイクを好きになる性年代別グラフfumumu取材班は、周囲にいる近くの人を選んだ女性についての話を聞きました。

 

①遠距離になり近くの人に乗り換えた女性

「会社の同僚の彼氏が転勤になり、遠距離恋愛が始まりました。そこへ以前から彼女を狙っていた先輩が、アプローチしてきたんです。

 

彼氏はイケメンだし、遠距離になったくらいで心変わりはしないと思っていたのですが…。強い押しに負けて何度かデートしているうちに、だんだんと先輩に気持ちが傾いたそうです。

 

私からすれば、転勤した彼がよっぽどよかったのに…。近くにいるって、それだけで有利なんですね」(20代・女性)

 

②近くにいるおじさんを選んだ女性

「社内でも一番って言っていいくらいにかわいい後輩は、取引先の人からも食事の誘いがくるほど人気者でした。しかし彼女が選んだのは、同じ部署にいる40代の上司で…。

 

見た目も至って普通のおじさんで、誰もが彼女には『もったいない』と口をそろえて言いました。ただ一緒に仕事をする機会が多いために、そこからお互いに興味を持ったらしくて…。

 

世の中のおじさんたちには、希望を与えるカップルかもしれませんね」(20代・女性)

 

③同じ会社でも近い人を選ぶ

「同じ会社の男性二人から、同時期に言い寄られていた友人。話を聞いていると、他の部署の同い年の人のほうが優しそうな印象を受けました。

 

もう一人の同じ部署の先輩は、ちょっと誘い方とかが強引な感じに思えたので…。ただ彼女が選んだのは先輩でした。仕事の悩みを理解してくれたのが、決め手だったそうです。

 

ただ私が最初に感じた違和感は当たっていて、かなり彼女が振り回されているようで…」(20代・女性)

 

近くで自分を見守ってくれると、魅力的に思えるのでしょう。

・合わせて読みたい→社内恋愛、本人達は内緒のつもりが「もっと上手に隠して」と思った経験談

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!