ウッカリじゃ済まない? 職場で思わずヒヤッとした瞬間3選

噂話をしていたら本人が…背筋が凍った瞬間について話を聞いてみました

職場で噂をする女性
(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

誰しも怖い思いはできるだけ避けたいのに、職場でヒヤッとした経験がある人も少なくないでしょう。

そこで、fumumu取材班が職場でヒヤッとしたエピソードを聞いてみました。

 

①お局様の悪口

「化粧室でお局先輩の噂をしていると、なんとトイレから出てきて気まずい雰囲気に! さらりと何事もなかったかのように別の話題に切り替えましたが内心気まずい空気‥。ヒヤヒヤしました」(20代・女性)

 

「社食で先輩のあまり良くない話をしていると、後ろに座って食事してて話題が丸聞こえ‥。先輩とその後、仕事で接点があるので素直に謝りました」(20代・女性)

 

あまり、良い話でない場合聞かれてしまうと気まずくなりますよね。職場ではなるべくこのようなタブーな話は避けた方が無難そうです。

万が一、やらかしてしまい聞かれてしまったら素直に謝る、もしくは冷静に他の人と態度を変えず同様に接すること。職場ですからあまり人間関係にヒビが入らないように気を付けたいものです。

 

②上司のミス

「上司に呼ばれ『なんでこんなミスをするんだ!』と𠮟責されましたが、そのミス私じゃない! 先輩のミスなのに、近くにいても何も言わない先輩。その場で何も言えなくてでも、腑に落ちなかったのであとから弁明に行きました」(20代・女性)

 

「いつも人のあら捜ししてこっそり上司に言いに行き自分の株をあげようとする先輩。でも信用度が高く要領がいい。この先輩の取ってた理不尽な行動を言いたかったが信頼度が高く結局何も言えず泣き寝入りしました」(20代・女性)

 

なかなか先輩を目の前にして説明しづらいもの。信用問題もあるので、状況を見て説明しに行くことで上司の反応も変わることがあるでしょう。

 

③大切な会議中に

「プレゼンの途中お腹がキリキリ痛くなったがなかなかお手洗いに行けそうもない雰囲気。カバンをクッション代わりに抱いて乗り切りました!」(20代・女性)

 

「急にきたお腹の痛み。周囲が集中モードに突入しているのでなかなか行ける雰囲気ではなかったのでお腹をさすり、猫背になり必死に耐えました!」(20代・女性)

 

シーンとした雰囲気のなかで、なかなか「すみません。お手洗いに行きたいのですが…」とはなかなか言えないもの。

お腹が弱い人はお守りとして整腸剤を持ち歩いてそっと飲めるように準備していると良いかもしれません。

 

思わずしまった! と冷や汗が出る瞬間もあることでしょう。そんなとき、自分だけの感情で動くだけではなく、咄嗟に機転をきかせてうまく立ち回れると後々の相手との関係もスムーズにいくことでしょう。

・合わせて読みたい→なるべく関わりたくない! 「この人自己中だな…」と感じた3つの瞬間

(文/fumumu編集部・mao88

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!