狙いが見えすぎ! デートで相手がしてきた最悪な行為3選

デートでの相手の些細な言動一つで印象は変わるものです。

食事する男女
(Andersen Ross/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛初期は些細なことでも気持ちが冷めやすいデリケートな時期です。デートでの相手の些細な言動一つで「いいなぁと思ってたのに! 最悪…」と思うことも少なくないでしょう。

そこでfumumu取材班は、女性達にデートで男性にされた最悪行為を聞いてみました。

 

①初デートで1時間以上の寝坊遅刻…

「初デート当日、待ち合わせの30分前に『ごめん! 1時間ほど遅れそう』とLINEが。

 

まぁその辺でお茶してようと彼を待っていたのですが、待ち合わせに登場した彼がヘラヘラしながら開口一番『ごめんごめん、寝坊しちゃって♩』と全く悪いと思ってない口ぶりで謝ってきた。

 

その言葉を聞いた瞬間に『この人はない』と恋愛対象外にした」(20代・女性)

 

②2回連続で「お財布忘れちゃった」

「友達主催の合コンで知り合った男性とお付き合いすることになったのですが、初デートと2回目のデートがきっちり割り勘……。割り勘主義なのかな?と思っていたのですが3回目のデートで食事中、彼が『お財布忘れちゃった…』と。

 

『おや…?』と思ったのですが、すでに食事もしてるし、お財布取りに戻ってよとも言えず、その日のデート代は私が全て支払うことに。4回目のデートも水族館に入った瞬間『あ、お財布忘れちゃった』と。

 

さすがにわざとお財布を持ってきていないとわかり、その場で『じゃぁ取りに帰ったら?』と冷たく言ったら『え?おごってくれないの?』だって…。その場で『二度と連絡してこないで!サヨナラ』と振りました」(30代・女性)

 

③どうにかエッチに持ち込もうと必死

「とある男子と小洒落たお店でランチ中、その彼が『眠くなちゃったぁ』と言ってきたので、『あー、もしかして俺の家来ない?とか、ちょっとだけホテルよっていい?とか、そういうパターンか?』と勘が働きました。

 

『じゃぁ食事の後帰って寝たらどうですか?』とだけ言ったら、案の定『俺の家で一緒にお昼しない?』とお誘いが…。『夕方から友達と映画なんで、ごめんなさい』と断ったら明らか不機嫌な態度に。

 

その日の夜『映画終わった? 家来ない?』と再度連絡が…。どうにかエッチに持ち込もうと必死なのがすごく気持ち悪くて、LINEをブロックしてしまった」(20代・女性)

 

おかしいな? と思ったら早く見切りを付けて、次の恋愛に進みたいものですね。

・合わせて読みたい→よくもそんなことを…初デートで男子にされた最悪な行動3選

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!