アウトオブ眼中だったけど「恋愛アリかも…」と男子が思う瞬間

全然意識していなかった女性の行動について聞いてみました。

カップル
(tantake/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全然意識していなかった異性の、ふとした仕草や言動に“異性”を感じてしまい、『ちょっとイイかもなぁ…』と思ったことがある女子もいるのではないでしょうか?男子も同じで、意識していなかった女子のふとしたコトにドキッとしてしまうこともあります。

そこでfumumu取材班は、アウトオブ眼中だったけど恋愛アリかも…と思う出来事について聞いてみました!

 

■色っぽく見えてしまった

「仕事関係者数名で温泉旅行に行った際、全然意識してなかった女性の浴衣姿がやたら色っぽくて、なんかドキドキした」(30代・男性)

 

友達(仲間)だと思っていた相手に色気を感じでしまうと、どうしても“異性”として見てしまうことも。なので、「友達だけどそれ以上の関係になれない…」とお悩みなら、気になる彼に色っぽさを見せるのも手です!

 

■弱った時に心配してくれた

「仕事でミスして凹んでいる時に『コンビニ行ったついでに♩よかったらどうぞ』とエナジードリンクの差し入れをもらい、付箋で『お疲れさま♩頑張って!』と一言メッセージが書いてあり感動した」(20代・男性)

 

弱っている時は普段以上に優しい言葉が沁みるものです。彼ともう少し近づきたいのなら弱っている時にさりげない優しさを。

 

■見た目とは裏腹に家庭的だった

「クラブで出会った金髪カラコンの、いかにもギャル!って感じの子と知人のホームパーティーで再会。

 

キッチンでひたすらみんなの分の料理を作っており、見た目とは裏腹に家庭的なんだなぁと。良いギャップがあると気になったりする」(20代・男性)

 

恋愛においてギャップは効果的とされますよね。見た目と中身の差を見せると、気になる彼の恋愛対象に入ることもあるのかも。

 

■他の人に「好かれているらしい」と教えてもらい急に意識

「学生の時、友達に『たぶん〇〇さんに好かれてると思うよ?』と言われ、今まで全く意識してなかった女子のことを急に気になりだしてしまったことはある」(30代・男性)

 

意識してなかったのに、「好かれているかも」と風の噂を聞いて急に意識してしまう男子は意外と多いかもしれません。

好きバレが案外ふたりの進展のきっかけになることもあるので、ほのめかすくらいの好意は効果的なのかもしれませんよ。

・合わせて読みたい→この気持ちは本物? 恋人とは別に「気になる相手ができる」感情

(文/fumumu編集部・美佳

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!