男子に優しくされるのが怖い…自称「こじらせ女子」は20代女子で多め

20代女性のこじらせ女子率が高い! こじらせないようにするためには?

突然ですが、自分のことを「こじらせ女子」だと思いますか? 私はこじらせ女子だと思っていた…中村愛です。

「ん? こじらせ女子って何?」なんて思った人に簡単に説明すると…女子であることに自信がなかったり、女らしさに抵抗を感じ、生きづらく思ったりする女子のことを指します。

そんな風に思っている女子はどれくらいいるのでしょうか? fumumu編集部が全国20代〜60代の女性677名を対象に調査を実施しました。

 

■こじらせ女子はどれくらいいる?

4人に1人が自分のことをこじらせ女子と答える結果になりました。

しかも、20代女性282名に聞くと、まさかの16ポイントアップ! 「自分はこじらせている」と思っているのは若い女性が多いと判明しました。

理由は何なのか? 20代女性に聞いてみました。

 

■自分がこじらせていると感じる理由

「男性に優しくされたら何か裏がある! と勘ぐってしまうし、素直に喜べない自分がいるので」(20代女性・セラピスト)

 

「周りから何を言われても『自分なんて』といつも悲観的に思ってしまうから」(20代女性・洋服店勤務)

 

「愛した分だけ何か見返りを求めてしまい、無償の愛のようなものを未だに見つけられないでいるから。ホンモノの恋をいつも探しているわりには、全然うまくいかない」(20代女性・飲食店勤務)

 

でも、理由がどうであれ、脱こじらせ女子をしたいですよね!?

 

■恋愛がうまくいくコツ5選

最低でも抑えておきたい、恋愛がうまくいくコツを5つにまとめてみました。

・私なんて…と思わない
自信がないのはすぐ顔や雰囲気に出てしまいます。まずは悲観的に思わないことが大事。

 

・人に嫉妬をしない
よく比べて嫉妬してしまう人がいます。人は人、自分は自分。比べる必要はありません。

 

・今までの恋愛論に当てはめない
前の人はこうだった! とか、こうしたらこうなる! のような恋愛戦術を当てはめないことが重要。

 

・理想を高く設定しない
アレもコレも理想が高くなってしまうのではなく、自分が絶対譲れない理想をひとつだけ決めるのがベスト。

 

・タラレバを考えない
こうなったら、こうすればなどの「タラレバ」は決して思わないことが大事。

 

良い恋愛が送れますように…。

”こじらせ女子”も、奥深い。

・合わせて読みたい→男子に知ってほしくない? 女子の抱える「エッチな悩み」がかなり濃い

(文/タレント・中村 愛

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の女性677名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!