ぺこぱ・シュウペイ、初MVの撮影時を回顧 ノリノリの相方を横目に「やっぱりなんか…」

『ぺこぱのオールナイトニッポン0』6日にデビューシングルがリリースされたぺこぱ。シュウペイがミュージックビデオの撮影で困ったことについて語った。

ぺこぱ・しゅうぺい

8日未明に放送されたお笑いコンビ・ぺこぱがパーソナリティを務めるラジオ番組『ぺこぱのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)で、シュウペイさんが初のMV撮影について裏話を明かしました。

【YouTube】デビューシングル「Earth」のミュージックビデオ


■MV撮影に「まさか自分たちが…」

6日にぺこぱのデビューシングルとなる「Earth」の配信が開始され、YouTubeでミュージックビデオも公開されました。シュウペイさんが「どうですか? 完成したのを見て」と問いかけると松陰寺太勇さんは「いや~やっぱりいいですね」と満足そうに答えます。

シュウペイさんは「我々芸人がアーティスト活動をするのはやっぱり珍しい。いろいろな方いますけど、やっぱり自分たちがまさかアーティストとして、ネタの撮影じゃなくてミュージックビデオの撮影をするっていう」と、撮影時には不思議な感覚を持っていたことを明かしました。


関連記事:ぺこぱ・シュウペイ、星野源の乱入に焦り 「今日イチのビビリ発動してた」

■ノリノリだった松陰寺

松陰寺さんは「最初バンドさん連れてレトロなセットでやって。右も左もわからず撮影したんだけど、はじまるとスイッチ入って。アーティストやってたなっていう」と初のMV撮影でも芸人としてではなく、アーティストとして入れたそう。

シュウペイさんも「なんかミュージシャンやってたからか形になってるというか、すごい入ってたよね」と振り返ると、松陰寺さんも「音がなりはじめてわかったけど、おれこういうの得意だって思った」と撮影を振り返りました。


■違和感を感じたシュウペイ

松陰寺さんが「逆にシュウペイがどうしていいかわからなくなってたね」と話を振ると、シュウペイさんは「手持ち無沙汰感があったし。お笑いだったら掛け合いで、松陰寺さんがセリフ言ってるときリアクションできるじゃん。でも相方が歌ってるときは俺のパート待ちで、リアクションもできないからどうしよどうしよって。いろんなスタッフの人が見ててめっちゃ恥ずかしい」と初めての状況に焦ったことを話しました。

松陰寺さんはシュウペイさんの話に頷きつつ、「俺がシュウペイ歌ってるときはギターとか引いてそれっぽくしていればいいけど、シュウペイは手ぶらで待ちだから難しいよな」と共感します。

シュウペイさんもスタッフに「マイクを持ってみる」などアドバイスをもらったことで、ノリはじめたようですが「やっぱりなんか、慣れないというか…」とアーティスト気分にはなれなかったと感想を漏らしました。

続きを読む ■6日リリースした「Earth」

→【Amazon新生活応援ストア】人気の家電・家具・文具が期間限定でお買い得

おすすめ記事