人格変わってない? 女子の運転に男子がドン引きした瞬間

うっかり、本性が出てしまう子も…

ドライブする女性
(metamorworks/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

過ごしやすい秋は、お出かけに絶好のシーズン。彼氏とのデートや友だち同士のドライブで、日帰り旅行を楽しむのはいい思い出になりますね。

しかし、いざ車に乗り、ハンドルを握った瞬間、いつもの雰囲気とは別人になる女性もいるのだとか。

fumumu取材班が女性の運転にドン引きしたエピソードについて、男性達に話を聞きました。

 

①車線を譲らない

「サークル仲間で、都内から伊豆までドライブしました。帰り道は渋滞にはまってしまったので、交代しながら運転していたのですが…車の横入りを絶対に許さない後輩女子。車線を譲らなかったため、ぶつけられそうになりました。

 

思うようには進まない渋滞で、イライラしているのはみんな一緒。事故にならないように、運転中はもう少し気持ちにゆとりを持って欲しいものです」(20代・男性)

 

楽しい道中も台無しになってしまいますね。

 

②クラクションを頻繁に鳴らす

「友だち同士で日帰り温泉旅行に行って、田舎道で高齢者マークを付けた車に対し、クラクションを鳴らしまくる女友だちにドン引きしました。

 

指定場所と危険回避以外、クラクションを鳴らしてはいけないと法律で決まっています。のんびり運転には気をもみますが…お年寄りなんだから、仕方がないですよね」(20代・男性)

 

クラクションを鳴らし過ぎれば、揉める原因になることも…。

 

③暴言を吐く

「付き合い始めてすぐの頃、彼女とドライブデートへ。『マジ、ウザいんだけど』や『ふざけんなよ』など、運転を代わってもらった途端、言葉使いが荒くなった彼女に驚きました。

 

かわいらしい子だったので…完全に、見た目に騙されました」(20代・男性)

 

イメージダウンを挽回するのは、想像以上に難しいものです。

車の運転中は集中していますよね。しかし、そのせいで、他のことに気が回らなくなり、本性が出てしまうこともあるのだとか。

ひょんなことから好感度を下げてしまわないように、気を付けたいものです。

・合わせて読みたい→車を持っていない男子は恋愛対象外? 女子に本音を聞いてみると…

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!