丸山礼は、クールだけど恋をすると後先考えずに突っ走るタイプ:顔相鑑定(191)

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回はタレントの丸山礼さんを鑑定。

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は、ロバートの秋山さん、アンミカさん、土屋太鳳さんなどの物真似でお馴染みのお笑いタレント・丸山礼さん。

1月9日から放送中のドラマ『ワタシってサバサバしてるから』(NHK総合)では、ドラマ初主演。

丸山さんは、出版社勤務の自称サバサバ女で自己中な“ワタサバ女”網浜奈美を演じ、オフィスのあるあるを描いた「痛快共感型コメディー」となっています。


■口角が勝手に上がった自信顔

丸山礼

飛ぶ鳥を落とす勢いの大活躍なだけあって、非常にいい顔をしています。なんと言っても目が輝いていて笑顔が多く、真顔の時でも口角が勝手に上がっているかのように自信に溢れた顔です。

肌の色艶も申し分なく、額も眉間もきれいで運気は上昇中。肌にハリがあって浮腫みやタルミのない顔で、健康的ないい太り方をしているのがわかります。

今が絶好調の丸山さんですが、今回は観相学で隠れた内面を探ってみたいと思います。


関連記事:顔相鑑定(102):吉田羊は「一見怖そうだけどいい人顔」 仕事に生きる女の顔とは…

■勝ち気で自我が強い性格

ドラマではシーンによって眉自体をメイクで上げたり下げたりしているようですが、ほぼ平行で少し上げて眉尻を下げバランスを意識。眉尻は短めの、活発な印象に見える眉メイクをしています。

目はもともと目尻が切れ上がったツリ目で上昇志向が強い野心家の相。人を押しのけてでも自分の目標を達成しようとする、勝ち気で自我が強い性格をしていることがわかります。

ドラマでは少し丸い印象にしていて、かつアイラインで目尻に跳ね上げラインを描くことで、キリッとした印象のサバサバ女子感を表現してます。

この目尻が原作漫画の絵にそっくりで、さすが売れっ子ものまね芸人だと思いました。


■貯金を趣味とする人に多い鼻

鼻は鼻先が下向きの矢印のような顔相で、本質的にはクールで人と交流するよりは自分の世界に閉じこもる傾向があります。

また、無駄遣いをせずに、コツコツと貯め込む倹約家で、貯金を趣味とする人に多い顔相です。

鼻と口の間が短いのは、理性よりも感情が先走ることを意味し、女性の場合、子宮で物事を考えるタイプと言われ、恋をすると後先考えずに突っ走る傾向があります。


■反骨心で人生を切り開いてきた顔

エラが張った骨格の上に筋肉と適度な脂肪が乗った輪郭で、若くして苦労を重ね、反骨心で人生を切り開いてきた顔相をしています。

顔の下側が安定しているので、大崩れはしない相ではありますが、心配なのは冒頭に書いた「自信に溢れた顔」をしている点です。

何事も一長一短があります。自信が過ぎると自信過剰になり、過信すると油断に繋がり、判断ミスから大きく流れが変わる可能性もあります。調子のいい時ほど謙虚になることが大切です。


★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト」をごらんください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定(74):柴咲コウは超大人顔 『35歳の少女』の成長をどう演じる?

(文/fumumu編集部・池袋絵意知

ohora公式 “貼るジェルネイル”スターターキット【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事