どうにかして! 社員がどんどん辞めていく…モンスター上司への悲鳴3選

その人の顔色をうかがうのが一番の仕事に…

先輩と後輩
(itakayuki/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

会社で仕事をするには、お互いの協力が欠かせません。しかし協力するどころか、足を引っ張る人がいるのも事実です。

自分が入った会社にそのような人がいれば、精神的な負担は避けられないのがつらいところでしょう。

 

■辞めさせた経験がある人はわずかだが…

fumumu編集部では全国20〜60代会社員・公務員の男女564名を対象に、自分のせいで会社を辞めた人がいるか、調査を実施しました。

自分せいで会社を辞めた人がいるグラフ

「辞めた人がいる」と答えた人は、全体で11.2%。辞めさせるような人が少ないのは、安心できる結果に見えますが…。

「辞めさせるような人は、自分で気づかないのでは?」(20代・女性)

 

fumumu取材班は女性3名に、自分の会社にいる他の社員を辞めさせる人について聞きました。

 

①あら捜しがライフワーク

「人のあらを探すのがライフワークのような先輩のせいで、新しい人はすぐに辞めていってしまいます。

 

自分が教える担当でなくても、終わったものをチェックして『ここ、もっとやりやすい方法あるから』とか押し付けてきて…。

 

一緒にいてもストレスが溜まるだけなので、辞める人は正しいと思います。私もかなり我慢してきたけど、もう限界なので辞めるつもりです」(20代・女性)

 

②体育会系の悪いところだけ凝縮

「うちの上司は、体育会系の悪い部分だけを凝縮したような人。自分の言うことは絶対って考えだから、周囲は思っていることを言える環境ではありません。

 

しかも『週刊誌買ってきて』とか、プライベートのパシリを男性社員にさせるんです。学生時代でも見てていい光景じゃないのに、大人になってもこんなことする人がいるのだなとあきれています。

 

しかも体育会系のいい部分である、面倒見のよさや男気は一切なし。辞める人に対しては『あいつ、根性ないよな』って言って、自分が悪いとはこれっぽっちも思っていないようです」(20代・女性)

 

③静かなタイプのパワハラ

「パワハラといえば、声を荒げて怒るイメージがあるじゃないですか? うちの上司は静かだけど、チクチク刺さることを言うタイプ。普段はおとなしく、なにを考えているかわからないような感じ。

 

でもそこで自分の気に入らないことがあると小さな声で、『それでいいと思っているの?』などグチグチと詰めてくる。精神的な負担は、大声で怒鳴るタイプよりも大きいと思う。

 

うちの部署に居座る人が少ないのは上司のせいだから、本当になんとかして欲しい」(20代・女性)

 

せっかく一緒に仕事をするのだから、お互いに気持ちよくいたいもの。しかし社内の雰囲気を悪くする人は、そんなことは頭にないのでしょう。

・合わせて読みたい→言葉を選びつつ平等に…女性社員との接し方に悩む男性3人の本音

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代会社員・公務員の男女564(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!