マツコ、伝説の名馬・ディープインパクトの“種付け料”に驚き 「すげぇな」

引退後は種牡馬に転身したディープインパクト。種付け料や子供の数を紹介しました。

マツコ・デラックス

29日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、伝説の名馬・ディープインパクトについて紹介。

MCを務めるタレントのマツコ・デラックスさんが、その種付け料に驚く一幕がありました。


■伝説の名馬・ディープインパクト

日本競馬史上2頭目となる、無敗での中央競馬クラシック3冠を達成するなど、生涯成績14戦12勝という歴史的成績を残した伝説の名馬・ディープインパクト。

最大の特徴は、後方から追い込むそのレーススタイルにあります。追い込みはリスクがあるため、実績のある馬でも負けてしまうケースがよくありますが、ディープインパクトはそのスタイルで7つのG1タイトルを獲得。いかに、能力がずば抜けていたが分かります。


関連記事:マツコ、自身の金持ちイメージに嘆き 「すごいのよ、不動産屋が…」

■引退後は種牡馬に転身

4歳いっぱいで競走馬を引退したディープインパクト。その後は種牡馬に転身して大活躍しました。

競走馬としての活躍はもちろんのこと、2013年の『日本ダービー』を制したキズナなど多数の活躍馬を送り出すなど、種牡馬に転身したあともトップ種牡馬の地位を築き、貢献を続けていった名馬です。


■子供の数は1800頭

同番組では「ディープインパクトの子供が稼いだ額を調べてみた件」を放送。

スタッフより、ディープインパクトの子供が1800頭いることを聞かされたマツコさんは「ちょっと待って…え…」と絶句。「1800回種付けしたの!?」も驚きつつも「さすがディープインパクト!」と絶賛。

ともにMCを務める村上信五さんは「オスとしてかっこええわ!」と称賛しました。


■種付け料は4000万円ほど

その後、最後の方の種付け料が4000万円ほどであることが明かされると、マツコさんは「1発で!? すげぇな! ディープ」と驚きが止まりません。

続いて本題であるディープインパクトの子供が稼いだ額が733億円稼であることが紹介されると、マツコさんはすかさず観覧客へ手を差し出し「733円でいいよ」とポツリ。まさかのひと言にスタジオは爆笑に包まれました。

・合わせて読みたい→マツコ、村上信五との子供に「人の子を笑わないでよ!」 やり取りに反響

(文/fumumu編集部・丸井 ねこ

【Amazonブラックフライデー開催中】富士山の天然水 ラベルレス 2L ×6本

おすすめ記事