親や職場にはちょっと… 2人に1人が「言いづらいと感じる出会い」

変わりつつあるパートナーとの出会いかた。真剣に利用している人が多くいる一方で、まだ世代間ギャップは大きいよう…。

カップル
(Prostock-Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パートナーを探す手段の定番になりつつあるマッチングアプリ。

明治安田生命保険が毎年行なっているアンケート調査結果によると、今年結婚した人のうち、5人に1人以上にあたる22.6%が、マッチングアプリでパートナーに出会ったといいます。

このほど編集部では、マッチングアプリに対する意識調査を行ないました。


■2人に1が「言いづらい」

fumumu編集部が全国の10代~60代の男女1,000名を対象に「マッチングアプリ」に関する意識調査を行なったところ、全体で53.0%の人が、「出会いがマッチングアプリだと、周囲に言いづらい・言いづらいと思う」と回答。

出会いがマッチングアプリだと周囲に言いづらいと思う人の割合

女性が59.0%に対して、男性が45.0%と、男性に比べて女性のほうが該当率が高い結果となりました。


関連記事:コロナでマッチングアプリを始めるも、知人発見! 知人のプロフにドン引き…

■30代女性「職親や職場には言いづらい」

fumumu編集部の取材に対し、30代女性は次のように答えました。

「友達には全然話せますが、職親や職場には言いづらいです。人を選びますね…。うちの親はとくに真面目というか固い考えなので、マッチングアプリで出会ったと言ったら、相手のことをすごく疑いそうです。今では普通の出会いと思うんですけどね…」。

「職場でも同じです。歳の近い同僚や先輩には話せますが、歳上の上司には理解してもらいづらい気がするので、わざわざ話すことはありません」。


■20代男「全然言えます」

一方で、20代男性は「全く気にならない」といいます。

「全然言えますね。ここ3~4年でかなり世間に浸透したと思いますし、むしろ最近では1番多い出会いかただと思います。周りの友達もみんなやっていましすし、会社の先輩もやってます」と話しました。


■親目線では「良い印象はあまりない」

また、息子と娘を持つ60代の女性に話を聞いてみると「マッチングアプリは、女性にとってはパパ活の手段、男性にとってはワンナイトラブの相手探し、という話を見かけてからは良い印象はあまりないです」との回答が。

「そうではない使いかたをしている人もいるのでしょうが、『マッチングアプリで知り合った相手』と言われたら親としては警戒態勢に入ると思います(笑)。結婚相談所で、男女同等に加入料金や継続料金がかかるところのごうが真剣度が感じられて安心感がありますね」と語りました。

主流になりつつあるマッチングアプリ。真剣に出会いを求めて利用している人が多くいる一方で、その印象については世代間ギャップがあるようです。

・合わせて読みたい→マッチングアプリで付き合いはじめたのに…彼が退会しない心理と対策

(文/fumumu編集部・丸井 ねこ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2022年10月14日~2022年10月21日 対象:10代~60代男女1,000名

プレゼントにぴったり! Lindt(リンツ)チョコレート 10種類アソート【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事