いろいろな意味でホラー… ラブホにまつわるちょっと怖い話

ラブホに行って、こんな経験はしたくないかも…。

ホテル・ラブホテル・ラブホ・カップル・恋人・バスローブ
(dusanpetkovic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

オトナになると、ラブホにお世話になることもあるでしょう。ただ、ラブホって単に楽しいだけでなく、時にはヒヤッとする恐怖もあったりします…。

そこでfumumu取材班は、ラブホでの怖い体験を聞きました。


■子供の声が聞こえる

「部屋の外からかすかに子供の笑っている声が聞こえたので、『もう朝になったのか? てか近くに公園あったんだ?』と思い、スマホを見たら、まだ2時過ぎ。


思い引き戸を開け、窓を開けて外を見たら、静まり返った繁華街の路地裏…。マジで怖かった。後日ネットでそのホテルを調べたら、心霊で有名な場所だった」(30代・女性)


関連記事:ラブホも様々! 女子が特にお気に入りだった部屋の内装や設備は…

■お隣の旦那さんが見知らぬ女性と

「彼氏とホテルに入ったら、出てきたのがお隣に住む旦那さん。一緒にいるのは奥さんではなく茶髪のギャル…。『あれ? パパ活中かな?』と心がザワついた。


真面目そうな旦那さんだっただけに、ちょっと怖かった…。人って見かけによらないんだなぁと」(20代・女性)


■誰かが入ってこようとしていた…

「ネットの掲示板か何かで、『ホテルで寝ている間に部屋に侵入し、金品を盗む人がいる。特に海外は多い』的なのを読んだ。


以来、ビジホでもラブホでも寝るときは部屋のドアノブにグラスを引っ掛け、誰かが入ってこようとドアノブを動かしたらグラスが落ちるように仕掛けている。


グラスが引っ掛けられないドアノブの場合は、廊下から室内に入るドアを閉めてドアの前にグラスを置き、開けたら倒れるようにしている。


で、一度だけ寝ているときにグラスがガチャーンと落ちた。慌ててドアの方ほうへ走っていったが誰もおらず…。ただ閉めたはずの鍵が開いていた。それからはそのラブホに泊まっていない」(30代・女性)


ホテルってどんなにキレイでも、いろいろな人が泊まっているせいか、ちょっと怖かったりしますよね。

心霊は防ぎようがないですが、宿泊者や施設関係者のなかには危ない人もいるかもしれないので、事件や事故に巻き込まれないように気をつけましょう。

・合わせて読みたい→ラブホテルで何に課金する? メリットも聞いてみた

(文/fumumu編集部・美佳

おすすめ記事