小池栄子、丸山ゴンザレス氏に警告 「YouTubeで流さないで…」

小池栄子さんが丸山ゴンザレスさんに『クレイジージャーニー』で放送されなかった内容をYouTubeで流さないように釘を刺す。

小池栄子

14日、ダウンタウンの松本人志さん、バナナマンの設楽統さん、女優の小池栄子さんがMCを務める紀行バラエティー『クレイジージャーニー』(TBS系)にジャーナリストの丸山ゴンザレスさんが登場。

オープニングで小池さんに、「裏話をYouTubeで流さないで」と注意され反響を呼んでいます。


■松本人志「撮れ高が良すぎた」と発言

独自の視点やこだわりを持った「クレイジージャーニー」たちが各地をめぐり、常人離れした体験談を語る伝聞型紀行バラエティとして人気の同番組。

この日は、丸山さんの中南米麻薬取材旅の第3弾が放送され、メキシコの麻薬カルテルビジネスの実態に迫りました。

取材旅は大成功だったもようで、VTRに入り切らないほどの映像が撮れたもよう。松本さんも「こんな言い方したらあれですけど、撮れ高が良すぎたんですね」と発言し、放送できていないストックも多くあることを明かしています。


関連記事:元へきトラハウス・相馬トランジスタ、最高月収「200万円」 低かった理由は…

■YouTubeでの「情報流出」を警戒

冒頭で丸山さんは、今回放送しないストックについても言及しており、中には「(海外ドラマの)『ナルコス』に出てくるような人が入っている(刑務所)」など非常に興味深い内容のものも。

気になった小池さんが「私達は見られない?」と問いかけ、丸山さんが「僕が聞いたところによると、今回は入り切らなかった」と説明するシーンも。

小池さんは「いつかは見れるかもしれない」と期待しつつ、丸山さんに「YouTubeで流さないでくださいよ自分のチャンネルで」「この間だって裏話していたでしょ。見たんだから」と釘を差し、YouTubeでの「情報流出」を警戒していました。


■丸山ゴンザレスの「焦った顔」に驚く

小池さんに突っ込まれた丸山さんは焦った様子で、「見てくださっていると思わなかったから」と釈明。

松本さんに「顔まっかっかじゃないですか」と指摘され、「ありがとうございますすみません」「一応補足したいっていうのがあるんで」としどろもどろになる一幕も。

丸山さんは危険な取材も淡々とこなすキャラクターなだけに、松本さんには「こんな焦った顔なかなか見られないよ」と言われてしまい、設楽さんも「(危険な)シカラクでもそんな顔してなかった」と驚きの声を漏らしていました。


■小池栄子が「だいたいチェックしています」

小池さんは丸山さんのYouTubeチャンネルを度々視聴しているもようで、「見てますよ。もうだいたいチェックしていますよ」という発言も。

赤面しながら弁明する丸山さんの姿に、松本さんは「まぁまぁどっちにとっても良ければね」と、「Win-Win」の関係を望む姿勢を見せていました。

『クレイジージャーニー』はTverで配信中

・合わせて読みたい→最近稼いでるYouTuberは「コムドット」 人気の理由に視聴者納得

(文/fumumu編集部・星子

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

おすすめ記事